恒例!…時代祭に登場する女性:後篇。

時代祭での女性特集の後篇は、宮川町の舞妓さん・芸妓さんが担当される「平安時代婦人列」の“紫式部”を最初に。
画像


この列の最初は前篇のTOPに上げた“巴御前”と従者ですが、再び、その画像を。
画像
平安神宮から御鳳輦が出発する時に見かけた口取りさんは、やはり“巴御前”担当でしたね(笑)。
画像
次に登場したのは“横笛”。平清盛が催した花見の宴で、平重盛に仕えていた斎藤時頼が一目惚れしたものの、結ばれることなく、出家して滝口入道と称し嵯峨往生院(現・滝口寺)で仏道修行に励んだという『平家物語』が伝える悲恋のヒロインですね。
画像
市女笠を持ち、嵯峨往生院ブ向かうときの姿だと説明されていました。“常盤御前”と乙若・今若は良い画像が無いので割愛。そして、台車に乗った“清少納言”・“紫式部”の登場です。こちらが“清少納言”。
画像
“紫式部”は最初にUPした通りです。続いては“紀貫之の女(むすめ)”。白い梅を手にしています。
画像
こちらは“小野小町”。侍女はパス。
画像
次は“和気広虫”と童子・童女のうち、童子のお2人。
画像
そして、「平安時代婦人列」の最後尾ですが、“百済王明信”と侍女が台車の乗って登場。
画像
続いては、「神幸列」の後に登場する「白川女献花列」の“白川女”の皆様。白川小名風俗保存会の皆様が担当されています。
画像
時代祭での女性特集の後篇の最後は、実は横断幕を持って時代祭の行列の先頭を歩く皆様です。行列出発前に、門川大作・京都市長と一緒に記念撮影の図です。
画像
以上、時代祭のひとコマでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント