利き酒師が厳選したひやおろし、Let’s呑み比べパーティ!@ask me! cafe 京都。

久々にお酒の話題です(笑)。“京都の住民がガイドする、京都のミニツアー”というのがうたい文句の「まいまい京都」のEVENTで、お酒の会が開催されるというので募集開始と同時に申し込みました(笑)。こちらが当日いただいたお酒5種。
画像


この日の講師は、本職は英語通訳案内士ながら、酒好きが嵩じて、利き酒師と国際利き酒師の資格を取得されたという山口吾往子(やまぐち あゆこ)さん。なかなかパワフルな方です(笑)。
画像
最初、簡単にレクチャーがありましたが、すぐに試飲タイムに。こちらが会場の様子。
画像
で、最初のお酒は「はくろすいしゅ 純米大吟醸 ひやおろし」(山形・竹の鶴酒造)。ラベルには“秋あがり”とあります。やや甘い印象のする飲み口の良いお酒でした。
画像
この日は、山口さん手作りのつまみも豊富で内容充実。酒粕・酒・白味噌・塩麹を混ぜたペーストが多用されていたのですが、どれも美味!
画像
続いては、「瀧自慢 神の穂 特別純米 秋あがり」(三重・瀧自慢酒造)。黄色がかったお酒で、奥行きのある味でした。
画像
こちらは、おつまみその2の画像。
画像
“ひやおろし”と“秋あがり”は、現在では同義語のように使われますが、説明は後で。次のお酒は「富翁 丹州山田錦 ひやおろし」(京都・北川本家)。意外にずるっとした印象のするお酒でした。
画像
こちらは、おつまみその3。ドライイチジクとクコバター。レーズンバターのイメージですね。
画像
こちらは、「伊乎乃 特別純米 無濾過原酒 ひやおろし」(新潟・高の井酒造)。伊乎乃は“いおの”と読み、新潟県魚沼地域を総称した地名のことだとか。いお=魚ですね。ずっしりとした行者橋好みのお酒でした。
画像
続いては、おつまみその4。柿と酒粕ペーストのカナッペです。
画像
そして、最後のお酒は「杉錦 生酛仕込 純米 ひやおろし」(静岡・杉井酒造)。すっきりした飲み口ですが、奥に味わいを感じるお酒でした。
画像
全種類を試飲した後、3種類のブラインドテストをしたのですが、行者橋は外れでした。ということで、久し振りに日本酒をあれこれと飲み比べ、楽しいひと時を過ごしました。

最後に“ひやおろし”と“秋あがり”について。秋から冬に醪(もろみ)を搾って火入れ(殺菌)した後、春から夏の時期に貯蔵された日本酒を気温の低くなった秋の時期に、出荷前に火入れをせずに“ひやのまま卸す”のが“ひやおろし”です。

一方、夏を越して作り立て特有の荒さが消えて丸みが出て程良く熟成し、飲み頃になった日本酒が秋にできるので、それを指す言葉が“秋あがり”です。“ひやおろし”は製法を表し、“秋あがり”は酒質を示すと言えますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

miyasan
2016年11月09日 19:44
いやいやっ・・・(笑)
これは酒好きには辞められないですね。
存分に美味しいお酒を飲まれて・・あっ試飲ですね。 
各地のお酒を時々開いて欲しいですね。
12日に天神さんの紅葉園での奉納舞には、梅ちえ・勝奈が出るそうですよ。
行者橋 渡
2016年11月09日 19:55
miyasan様、コメント有難うございます。このところ、お酒の量を減らすべく、中2日以上の禁酒日を設定しているものですから、飲める日はついうっかりと飲み過ぎてしまいます(笑)。

12日の日本舞踊奉納は、上七軒歌舞会とだけしか書いていなかったので、気にはしつつ、どうしようかなと思っていたのですが、梅ちえさん&勝奈さんだと行かない訳にはいきませんね(笑)。