この鉢をまた公開してくれないかなぁ(笑)。

行者橋、宝石とかには全く興味は無いのですが、陶磁器と切子ガラスには興味があり、博物館や美術館の展示を見ていて「これは欲しいなぁ」と思う物がいくつかあります。本日はその中の1つを。まずはこちらですが、本日は画像は2枚のみです(笑)。
画像
*画像はサントリー美術館のHPから転載させていただいています。

サントリー美術館が所蔵する「薩摩切子 藍色被船形鉢:さつまきりこ あいいろかぶせふながたはち」という船の形をした、とてもユニークなガラスの鉢です(長径18.1cm 短径13.2cm 高10.4cm)。江戸時f代・19世紀中頃の品物ということです。

画像右奥の白い部分は蝙蝠(こうもり)が翼を広げた形で、左下手前は(分かりにくいですが)藍色の巴紋が刻まれています。中国では蝙蝠の“蝠”が“福”に通じるので、目出度い動物と考えられて、様々なものにデザインされています。長崎の有名なカステラ屋さんにも蝙蝠マークのお店がありますね。

琉球を通じて、中国との交易が盛んでそれによって富を蓄えた薩摩藩で、この鉢が作られたのも納得!という一品です。ただ、用途は不明とのこと。行者橋、この鉢を以前に何回か見たことがあるのですが、とても素敵な鉢で、珍しく絵葉書を買って、東京の家と京都のマンションの両方に飾っています。
画像
*画像はサントリー美術館のHPから転載させていただいています。

以前、サントリー美術館でこの鉢が公開された時、レプリカが陳列されていたのですが、本物とは切子のエッジの切れ方が全く違い、流石に買って帰りたいとは思いませんでした。というより、本当はうん十万円というお値段に、とてもとても手が出なかったのですが(笑)。そろそろ、またサントリー美術館で公開してくれないかなぁ。

ということで、本日はこれにて。少し出歩くと痛風の足が痛むので、思うように撮影に出かけられません(泣)。本当は赤穂浪士関連のEVENTの撮影に出かけたかったのですが、それもかないませんでした。しばらくは手持ちの材料で凌(しの)ぎますが、ご了解下さい(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

47期えぐりん
2016年12月17日 08:27
本当に、素敵な鉢ですね!!色も、素晴らしい。エッジの素晴らしさは、写真ではわからない、本物で味わわないと。素晴らしいものは、眺めるだけで、自分をリフレッシュしてくれると思います
行者橋 渡
2016年12月20日 13:04
47期えぐりん様、コメント有難うございます。本物は、本当に綺麗で魅力的です。蝙蝠の所の色ガラスの被せ具合と模様の刻み具合が抜群に良いのです。全体の形も良いしねぇ。