爽やかな青空の下、スペイン料理祭で飲んで食べて…。

“スペイン料理祭”というEVETで昼過ぎからBEER等を短時間で飲んだため、夕方から爆睡。目が覚めたらもう4日になっており、ブログが1日飛んでしまいました(笑)。最初の画像は、「バラッカ」のパエリア。奥が“イベリコ豚のパエリア”、手前“愛知県産とんがらし海老の海鮮パエリア”です。
画像


“スペイン料理祭”の会場は京都市国際交流会館。知り合いの超絶美女(と、書け!と本人が強要しますので:笑)と地下鉄蹴上駅から南禅寺参道の入口に向かって歩くこと5分。青空の下、カラフルなテントが並びます。
画像
予約してあった“飲みくらべチケット:5杯2000円”と当日売りの“飲食金券:200円×10枚”をGETして早速、ドリンクブースでBEER“mahou:マオウ”をいただきます。
画像
で、お腹が空いていたので、最初の画像のパエリアを目指したのですが、完成するまでに少し並びました。次の画像上が“愛知県産とんがらし海老の海鮮パエリア”で、下は持参した生ハム。
画像
次は石塀小路の「しぇりークラブ」のお姉さんが長いベネンシア(柄杓)でシェリーを注ぐパフォーマンスを披露している場面。
画像
卒業生のお母様から「銀座にもあるお店ですが、是非ご贔屓に」と紹介されたのですが、行者橋はスパークリングワイン以外はワインを飲まないのでパスしています(笑)。
画像
BEERを片手に会場のお料理を見比べるためにウロウロ。上の画像は「エル・ボガバンテ346」の“アマゴと生ハムのナバラ風”。続いてはお馴染みの「スペイン バル シドラ」の“ピンチョス3種盛”と美人のお姉さん。
画像
会場では、ステージで様々なパフォーマンスが。次の画像は“サルサ教室&パフォーマンス”Ines(イネス)さん。
画像
チラッと拝見した後、またまたBEER(今度は“Mahou NEGRA:マオウ・ネグラ”=黒ビールですね)片手にお料理のチェック。こちらは「デマチヤナギバルリコリコ」の“アルボンディガス”。
画像
要するに肉団子のトマト煮ですね。金券をちぎって1つ購入。こちらが1人前ですが、トマトソースとポテトチップスの相性もバッチリ!
画像
BEERに少し飽きたので、ドリンクブースで今度はカバ(スパークリングワイン)のロゼを1杯。1杯600円なのですが、“飲みくらべチケット”だと400円で飲める計算になり、お得です。
画像
で、再び、お料理チェック。こちらは「エルポジョ」の“仔羊もも肉のパリージャ”。炭火焼肉ですね。
画像
そして、「シャティバ」の“天然真鯛のドノスティア風炭火焼”です。なかなか豪快な逸品です。
画像
次は「シドラ」のオーナーが南座の向かいに開いたお店「ガストロメソン チュレタ」の“牛肉のチュレトン”。骨付きリブロースのグリルです。
画像
これまた豪快!で、最後にドリンクをもう1杯。“ミントジュレップ”にしたかったのですが、ベルモットを。サーブして下さったのは「K6」の方だと仰っていました。
画像
その他、焼いたソーセージ等をいただいたのですが、途中のカバと最後のベルモットが効きました。超絶美女(笑)とお別れした後、卒業生が食事をされていた「おうちごはん中島家」に行く予定だったのですが、最初にふれたように爆睡(笑)。それにしても、このEVENT、お酒は比較的安いし、金券は残れば換金できるし…と、お買い得です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント