梅叶菜さん舞踊披露@京の七夕・堀川会場:2017年8月8日。

諸般の事情(笑)で残っておりました「京の七夕舞踊披露シリーズ」の最後のお2人をUPします。本日は梅叶菜(うめかな)さんです。まずは、舞踊を終えて記念撮影を待つ梅叶菜さん。
画像


舞妓さんの簪(かんざし)類は大きく派手なものから次第に地味になっていくのですが、最初の画像のビラビラ簪やススキの花簪が豪華!で、次の画像(チョッとピン甘で申し訳なし)は舞踊披露前のもの。
画像
梅叶菜さんが披露された演目は「夏は蛍」です。ご挨拶から続けて4枚。
画像
画像
画像
画像
撮影している時、隣にいらっしゃった小母様が「可愛いわねぇ、中学生みたい」と仰ってましたが、確かに!…まぁ、実年齢でも16歳のはずですから“当たらずとも遠からず”ですが(笑)。
画像
画像
画像
miyasan様のコメント情報によると、梅叶菜さんは中高生に人気があるそうですが、老若男女、性別を問わず広い年齢層の皆様に人気の舞妓さんに成長していただきたいと思います。
画像
ということで、「京の七夕舞踊披露シリーズ」、残るは大トリ・市桃さんです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

シルバ
2017年08月22日 14:16
先日、吉野太夫に変身した時、「大夫は下唇しか紅をつけません」と言われました。舞妓さんもそうなんですね。今の今まで気づきませんでした!
そして、芸妓さんは上唇にも紅をつけていますね。なぜか?まではまだ調べていませんが、勉強になりました。以上です。
行者橋 渡
2017年08月22日 14:50
シルバさん、確かに京都・島原の太夫さんは“下紅”といってした唇にしか紅をさしません。また、本当はお歯黒もつけますので、口を開けると、チョッと不気味な感じもしますよ。なお、シルバさんの変身の記事のUPは23日18時になります。変身初体験のYakkoの方を先に今日=22日18時にUPしますので、ご了解下さい(笑)。舞妓さんの口紅の件は、宮川町夏祭りビアガーデンの記事のコメントをご覧下さい。