公開前に邦題でもめた『ドリーム』は小気味良さを感じる、優れた映画です。

当初、ご紹介する予定だったのは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(9月23日公開)なのですが、疑問に思う設定があり、しかもそれを上手く説明できないので(笑)、その次にご紹介する予定だった『ドリーム』を。実話に基づく映画です。
画像
*画像は(C)2016 Twentieth Century Fox

ドリーム』は、1962(昭和37)年にマーキュリー6号(フレンドシップ7)で、宇宙飛行士ジョン・H・グレンがアメリカ初の有人地球周回飛行に成功したミッションを支えた、NASAの3人の黒人系女性スタッフの知られてこなかった活躍を描いています。
画像
*画像は(C)2016 Twentieth Century Fox

その3人とは、キャサリン・G・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン:眼鏡姿)、ドロシー・ボーン(オクタビア・スペンサー:水色の服)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ:紫色の服)ですが、STORYは眼鏡姿のキャサリン・G・ジョンソンの活動がメインに描かれます。彼女たちの計算がマーキュリー計画の成功を支えた訳ですね。

宇宙開発競争でソ連の後塵を拝し続けていたアメリカは、マーキュリー計画の成功でようやくほぼソ連に肩を並べることになりますが、『ライトスタッフ』でもこの計画が描かれていました。アメリカはマーキュリー計画の後、ジェミニ計画にも成功し、有人月面着陸を目指すアポロ計画を成功させます。

タイトルに“公開前に邦題でもめた”と書きましたが、原題『Hidden Figures:隠された人々』を、当初、日本の配給会社は『ドリーム 私たちのアポロ計画』と副題をつけたのです。実際にはマーキュリー計画の話なのに、何をとち狂ったのかアポロ計画の語を副題に入れた訳ですね。次の画像は、その時のポスター。
画像
*画像は(C)2016 Twentieth Century Fox

1969(昭和44)年、アポロ11号が月面着陸に成功して最初に月を歩いた(実際にはピョンピョンと跳ねた感じでした)宇宙飛行士アームストロングの言葉「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である(That's one small step for [a] man, one giant leap for mankind)」は、全世界で記憶されたと思います。

ですから、日本の人々にとってマーキュリー計画よりアポロ計画の方が強く印象に残っているだろうという感覚は理解できますが、映画『ドリーム』はアポロ計画の“ア”も登場しない時代の話ですので、これを副題に添えるのは明確にミスですね。NET上で大炎上するのもむべなるかな、です。

まぁ、配給会社のミスを責め立てるのが本筋では無いので、作品の内容に戻ります。舞台は1961(昭和36)年のバージニア州ハンプトンのNASAのラングレー研究所。ここに、ロケット打ち上げに必要不可欠な計算を行う黒人女性グループ「西計算グループ」が置かれ、ドロシーがそのリーダー格につきます。

一方、天才的な数学の才能をもつキャサリンは宇宙特別研究本部の計算係に抜擢されますが、当時のアメリカで「黒人」かつ「女性」という立場はそれだけで理不尽な差別を受けました。それはドロシーとエンジニアを目指すメアリーも同様でした。しかし、彼女たちは三者三様の戦いを粘り強く続けて、偉業に関わっていくのです。
画像
*画像は(C)2016 Twentieth Century Fox

上の画像は、メアリーが利用され始めたIBMのコンピューータの将来を見越して共に学習してきた同僚とともにコンピュータの仕事に向かう場面ですが、この映画の本質を象徴するシーンの1つです。映画ではおそらく多くの黒人女性が受けた差別のエピソードの数々が3人に集約されて描かれていると思われます。

という訳で、行者橋は観終わった時に正体不明(笑)の「ざまぁみろ!」という気分とともに、小気味良さを感じました。もう1つ、NASAの理解ある上司役でケビン・コスナーが登場したのもチョッと嬉しかったですね。2年前の『ドラフト・デイ』以外はパッとしなかったので、少し安心(笑)。
画像
*画像は(C)2016 Twentieth Century Fox

原題『Hidden Figures』を“隠された人々”と書きましたが、Figureには“数式”という意味もあるようなので、あるいはダブル・ミーニングなのかも。ということで、お薦めします。『ナミヤ雑貨店の奇蹟』についても軽くふれようかと思ったのですが、やはり断念します(笑)。タイムワープ物にはどうしても疑問が残ります。

◆『ドリーム』(2016年・アメリカ映画・127分・監督:セオドア・メルフィ・配給:20世紀フォックス映画 ・2017.09.29公開)
〔最近観た映画から-№46〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント