今治名物“せんざんき”を大阪でいただいてまいりました。美味!

10月末からあちこちに出かけているのですが、先日、行者橋の故郷・今治の名物料理“せんざんき”を大阪・西中島南方(にしなかじまみなみかた:大阪市営地下鉄の駅名・阪急線だと南方駅)で食べてきました。これが“せんざんき”です。
画像


行者橋、それは鶏の唐揚げじゃないのという声が聞こえてきそうですが、確かに鶏の唐揚げといえば鶏の唐揚げなのですね(笑)。お店は「媛 今治焼き鳥の旅」という名前です。
画像
実は、このお店は新しいお店で、すぐそばの角を回った所に本店というべき「媛 故郷味の旅」があります。それが、こちら。
画像
行者橋、いつものように「「媛 故郷味の旅」に行ったら、待ち時間が長そうだったので、「媛 今治焼き鳥の旅」に回って様子を見た次第です。で、これがランチのメニュー。
画像
“せんざんき定食・小”はからあげ5個で650円、“がっつり”はからあげ10個で750円ですが、1つひとつが大きい!…当然、ここは“がっつり”でしょう(笑)。で、店内はこんな感じで本店よりかなり狭い印象。
画像
“せんざんき”は、行者橋の家では、玉葱をすりおろして醤油・酒・味醂・生姜・大蒜(にんにく)を加えたものの中に、鶏の骨付きもも肉のぶつ切りを半日ほど漬け込み、片栗粉をまぶして揚げていました。で、こちらがランチ。
画像
骨付きじゃ無かったのは残念ですが、まぁ今どきですので食べやすいようにして提供しているのでしょう。味はいつものように美味でした。このお店の良い所は、食べ残してた“せんざんき”は持ち帰り用のパックに詰めて下さることです。

:以前、15個の定食があったのですが、メニューから消えたのはどうも近隣の小母様方が半分以上残すケースが多かったからという噂を聞いたことがあります(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント