奈良は相変わらず、“せんとくん”&“鹿飛び出しに注意!”が一杯!

今年も11月初めに、大学生の頃からほぼ毎年訪れている「正倉院展」に行って参りました。中は撮影不可ですので、鹿の話題等を。まずは“鹿飛出注意”のポールの横で車の動きを注意深く眺めているとても賢い鹿(嘘です:笑)の画像から。
画像


まあ、本当は人間が注意するんですけどね(笑)。実際には、このように道路で草を食む鹿も沢山いますからバスの運転手さん等も大変です。
画像
従って、以前にもUPしましたが、こんな交通標識が奈良公園には林立しています。
画像
東大寺に向かう道路には大きな鹿の標識、まさかの3連発(笑)も。
画像
次の標識は、古いパターンです。
画像
最初の画像のポールは「正倉院展」が開催されている奈良国立博物館新館(次の画像奥)の前の道路に沢山ありました。
画像
一方、2010年に登場した“せんとくん”も健在で、益々あちこちに出没し、登場時に上がった違和感の声も薄れ、今やすっかり定着している気配です。次は奈良県庁前の画像。
画像
次は近鉄奈良駅で鹿と一緒にPR中の“せんとくん”。この姿が基本形ですね。それはともかく、興福寺中金堂落慶供養が画楽しみですねぇ。
画像
次は単独で大仏前のお店の前に立つ“せんとくん”。2枚上の県庁前と同じ型で制作した印象です。イラストでは目玉が右向き・左向き・正面と多様なのですが、たまたま今回は全て左向き目玉でした。
画像
で、再び鹿関連で。こちらは「なら町」近辺にある電信柱の画像。なかなか可愛い鹿が2頭。特に目が優しい(笑)。このくらいの角のある本物の鹿は結構気が荒いのですけどね。
画像
最後はこちら。若草山の麓にある公衆トイレの入り口。女子用を写したのは“お手洗いご案内”の文字を入れたかったからで、他意はありません(笑)。
画像
お分かりでしょうか。普通なら、画像に写っているような頑丈な格子の扉はありませんよね。勿論、鹿除けです。奈良市も色々と苦労が絶えませんね(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

omachi
2017年11月20日 20:09
正倉院展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
グーグル検索にてヒットし、小一時間で読めます。
勿論スマホでもOKです。
少し難解ですが歴史ミステリーとして面白いです。
北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。
読めば歴史探偵になった気分を味わえます。
行者橋 渡
2017年11月20日 20:43
omachi様、コメント有難うございます。早速「北円堂の秘密」を探して読んでみます。北円堂は国宝・浄うよう文化財の宝庫ですので、楽しみです。ご教示有難うございました。