HBEHでホリバリアンになりすまし、素敵なPYRATESでお昼ご飯をいただく。

はい、最初に説明します(笑)。HBEHは滋賀県大津市にある「株式会社 堀場製作所 びわこ工場 HORIBA BIWAKO E-HARBOR」、ホリバリアンは堀場製作所の従業員、PYRATESはHBEHの9階にある社員食堂のことです。今回は、要するに工場見学報告ですが、最初の画像は、お昼にいただいたランチです。美味!でしたよ。
画像


11月の初め、JR比叡山坂本駅から江若(こうじゃく)バスで“堀場製作所正門前”へ。“古墳前”という、とても大雑把な名前のバス停にチョッときょういていると、到着しました。で、こちらがHBEHの工場入口。
画像
実は今回の見学は“まいまい京都”の企画です。こちらが玄関を入った場面。画像奥は琵琶湖で、写っているセイル(帆)の「おもしろおかしく」は社是です。サントリーの「やってみはなれ」を思い出します(笑)。
画像
次の画像の部屋で会社説明。京都市に本社がある堀場製作所は、エンジン排ガス計測システムは世界シェア80%を誇り、27カ国に拠点を有するグローバル企業です。
画像
HBEHは昨年5月に完成した琵琶湖に停まる客船をモチーフにした最先端の工場で、シンボルデザインも地図記号の工場のマークと船の舵(かじ)をイメージしているとか。
画像
こちらは、工場内を見学している場面。見学者全員、シューズカバーを履き、堀場製作所のロゴの入った帽子を着用しています。シューズカバー越しの床って、妙にフワフワします(笑)。
画像
精密機械を製作している場所等は撮影不可なのですが、こちらは 吹抜の階段「SKY ATRIUM」。ホリバリアンの皆様は、基本的にエレベーターは使用せず階段のみを使用し、少しでも交流を深めるのだとか。
画像
上の画像左側に琵琶湖が広がっています。そして、9階だったかな、社員食堂のPYRATESを経てテラスへGO!まずは、まだホリバリアンの皆様がいない11時頃のPYRATES内。子。
画像
で、PYRATESの中からテラスへ出ると琵琶湖が眼前に広がり、一望に見渡せます。行者橋のカメラでは広角が利かないので、まずは南側を眺めた画像を。
画像
続いて、北側。テラスにはロープをかけるフック(で良いのでしょうか)等、細かな点のデザインにも客船風の工夫が。
画像
上の画像奥には琵琶湖大橋が。こちらが大写しした画像。
画像
PYRATESも昼食時(12時15分過ぎ)になると、こんな感じに。先程の画像とは逆方向から撮影したものですが、比較してみて下さい。会計は、食事後にプリペイドカード(社員証と兼用だったかも)で済ますとか。
画像
お話を伺うと、お皿の底にチップが埋め込まれていて、トレイごと機械の上に置くと読み取られるのだそうです。ホリバリアンの皆様は行者橋、「これは誤魔化すことが可能だなぁ」と不埒な気持を…(笑)。
画像
最初に“古墳前” というバス停のことにふれましたが、このHBEHの敷地内にも古墳があるそうです。上の画像あたりだそうですが、いつ頃のものか、どういう豪族のものか等、詳細不明です。いや、なかなか得難い経験でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント