祇園甲部:小衿さん&朋子さんの福笹・福餅授与@京都ゑびす神社。

京都ゑびす神社のいわゆる“初ゑびす”は、招福祭(8日)・宵ゑびす祭(9日)・十日ゑびす大祭(10日)・残り福祭(11日)・撤福祭(12日)と5日間続くのですが、11日には祇園甲部の舞妓さんが福笹・福餅を授与して下さいます。今年は小衿さんと朋子さんが登場されました。まずは、福餅担当の小衿さんの画像から。
画像


そして、チョッと上目つかいの画像になってしまいましたが、こちらが福笹担当の朋子さん。
画像
京都ゑびす神社の境内の様子はこんな感じで参拝客が大勢、福を求めていらっしゃっていました、次の画像右が本殿・左が社務所に続く神楽殿(吉兆笹授与所)です。
画像
(行者橋同様)舞妓さんの福笹・福餅授与の様子を撮影しようと、カメラやスマホを持った方々が詰めかけます。今年はそんなに大混雑という感じはありませんでした。
画像
次の画像は、少し前に寄って撮影した画像。初穂料3000円を納めた方々に、左の朋子さんが福笹を、右の小衿さんが福餅を渡していきます。
画像
お2人の画像を続けて2枚。
画像
画像
この福笹は、その都度、巫女さんが商売繁盛・家運隆昌を祈願して神楽を待ってから、舞妓さんの前に置きます。
画像
時々、福笹を受けた後、福餅を受けたら無いまま通過する参拝客の方に小衿さんがお声を掛ける場面もありました。また、時々お2人が会話を交わす場面も。
画像
花簪は朋子さんの方が豪華ですので、舞妓さんのキャリアが浅いはず。小衿さんの方も勿論、稲穂と松竹梅の花簪です。
画像
おまけで、松竹梅が良く分かる大写しの画像を。
画像
ということで、残り福の舞妓さん・祇園甲部篇はこれにて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント