宮川町:叶子さん&叶幸さんの福笹・福餅授与@京都ゑびす神社。

京都ゑびす神社“十日ゑびす大祭(初ゑびす)”、11日の残り福祭での舞妓さんの福笹・福餅授与、本日は宮川町篇です。まずは、福餅授与担当・叶子(かなこ)さんの画像から。
画像


行者橋がテクテクと歩いて京都ゑびす神社に到着したのは20時30分過ぎで、既に大和大路通の屋台の中には撤収中の所も。で、続いては、福笹(吉兆笹)授与担当の叶幸(かなゆき)さん。
画像
が、会社帰りの団体の方も結構いらっしゃったようです。こちらはそうした方々の記念撮影。中央の方ががお持ちなのは“人気大よ也:にんきおおよせ”という縁起物。
画像
円形の輪の回りに赤い布が下がり、神様の人形が付けられています。関西の商店・飲食店やお家で天井から吊り下げられているのを見掛けます。どこかの飲食店の皆さんだったのでしょうか。
画像
例によって、舞妓さんお2人が左右に分かれ、福笹・福餅を授与していきます。おそらくキャリアの少ない舞妓さんが福笹担当のようで、この日は叶幸さんでした。
画像
福餅は例年8日午後、招福祭の餅つき神事で搗いたものを使用しているはずです。今年の8日は終日雨でしたので、撮影に行かなかったのですが、テントを張って搗いたのでしょうか。叶子さんが福餅を持って待ち受けます。
画像
福笹・福笹を受け取った参拝客の皆様はそのまま前に進んで、本殿横の通路で様々な縁起物を購入します。こちらが縁起物のコーナー(笑)。不足してくると後ろの男性陣がわんこ蕎麦のように投げ入れます(笑)。
画像
その前にもう1つ列が出来ていて、本殿横の板を叩いて恵比須神にお願いをします。恵比須神は耳が遠いという言い伝えに基づくものです。
画像
最後にお2人の舞妓さんの画像を。フラッシュ撮影だったので、画像に影がつき、色調も違ってきますが。先に叶幸さんを。
画像
続いて、叶子さん。最初にお見掛けした時は、小柄なせいもあって随分幼い印象だったのですが、すっかり舞妓さんらしい趣が漂ってきました(笑)。
画像
最後の画像は、福笹・福餅です。いつもこうしたEVENTでお会いする若い方が「今年は授かってみました」ということだったので、撮影させていただきました。
画像
結構、これで金額がかさむんですよ(笑)。お仲間からは、確かMarathonさんと呼ばれていたように思うのですが、ご協力有難うございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

AK
2018年01月18日 01:36
夏に行った時には誰も居ませんでした。けっこう狭いのに混んでますね❗
宮川町は容姿が良い人が多い気がします。

少し前の日記に出ていた千賀染さんが私が行ったときのビアガーデンの担当でした。やや表情が硬いのが気にかかりました。何かと気苦労多いのか。この御二人はエビス顔の印象です(?)。
行者橋 渡
2018年01月22日 23:40
AK様、コメント有難うございます。体調不良やら東京行きやらでお返事が遅くなりました。色々な場面で見かけると、やはり若い舞妓さんは全体に緊張感が強いようです。色々なしきたりやら何やらが多いのでしょうね。