立ち飲みの出来る松川酒店の土曜日には秘密!が…(笑)。

これまでに何度もUPしてきましたが、基本的には売り酒屋さんである高倉通錦上ルの「松川酒店」では、大体16時前あたりから店内で“角打ち”(要するに立ち飲みのことです)が出来るお店に変身します。今回はSPECIAL版(笑)。まずは、先日の土曜日(10日)の光景を。
画像


次の2枚は別の日の画像ですが、店内の右手にお酒等の棚があり、その奥に缶BEERや缶酎ハイ等の冷蔵ケースがあります。飲む場所はその棚の前と冷蔵ケースの奥にあるアルミトレイが置かれたBEERケースです。
画像
そして左手には、まずカウンターが延びていて、その背中に焼酎やウイスキー等のボトルが置かれた棚(ガラスあり)があります。カウンターとそれに隣接するBEERケースの上にアルミトレイが置かれています。
画像
松川酒店のツマミは、上3枚に写っている日めくりの前のソーセージ類・缶詰・ピーナツ等の乾き物が中心なのですが、錦市場の魚屋さんから届くお刺身やお母さんお手製のツマミもあります。こちらがお母さん。
画像
おでんの他、煮込み・ゆで卵・お漬物・冷奴等をお母さんが用意して下さるのですが、土曜日にはそれらが無いので、「店内の乾き物等と競合しない物なら持込みOK」という暗黙の了解が存在します。
画像
上の画像はバランスを取って、珍しく水仕事をされていたお父さん(笑)。それはともかく、次の4人はまた別の日にお会いした、左からShige-san・Bridal-K・Matsu-san・Kaichou(いずれも仮名)の皆様。
画像
行者橋が度々ご一緒になるお馴染みのメンバーです。で、先日の土曜日(10日)の話。ふと気づくとKaichouの姿が見えず、電話を架けに外に出たのかなと思っていたら包みを持って戻られて、アルミトレイの上に…。
画像
伺うと、すぐ近くの大丸京都店でツマミを調達されてきたとか。次の画像のように“海老チリ”と“チンジャオロースー(青椒肉絲)”。左手前は別の方がお持ちになった霰。
画像
この時、行者橋は場が狭いこともあってカウンターに移り、この日が初来店のMr-MarutamachiとMs-Tsuruhashi(共に仮名)と色々なお話をしていたのですが、お馴染みメンバー他の皆様も話に花が…。
画像
上の画像右奥の帽子の方と左から2人目の方はお名前を伺ったはずなのに失念。申し訳ない!…と、そうこうしているうちに、Bridal-Kさんが美女を伴ってお見えになり、合流!
画像
Mr-MarutamachiとMs-Tsuruhashiは行者橋にお気遣い下さり、BEERを頂戴したりしていたのですが、その後、3人も合流して賑やかに…。ということで、最後はこちらの画像です。
画像
ということで、“お母さんの骨休め”である土曜日の松川酒店の一コマでした。Mr-Marutamachiさん&Ms-Tsuruhashiさん、またお会いしましょう(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント