市まりさん、「老松」さんの“七軒だんご”の特設販売店でお仕事中!@北野天満宮。

8月11日・上七軒盆踊りの日に「老松」さんが北野天満宮・絵馬所で“七軒だんご”(御手洗団子)を販売されるという情報が、京都大好き様から寄せられましたので、その「北野御手洗団子茶屋」開店の16時少し前に駆け付けました。と、市まりさんが。
画像


市まりさんも襟替えされてから、そろそろ3年かなぁ等と思いながら、開店準備中の様子を撮影。後ろに絵馬所の説明をした駒札が見えはするのですが、何故か、テント内で記念撮影中の方が…。
画像
この特設売店のメニューは“七軒だんご”と“冷やし甘酒”。16時、開店早々に多くのお客様が。そういえば、いつもコメントをいただいているmiyasan様も1番乗りでしたね(笑)。
画像
市まりさんは、毎年この出店にお立ちになる地方(じかた)さんの尚鈴さんと談笑中。打合せということにしましょうか(笑)。ちなみに、次の画像中央がmiyasan様。
画像
こちらは「老松」の方が“七軒だんご”を製作中。今回、行者橋はお団子も甘酒もいただきませんでしたが、この“七軒だんご”はチョッとシナモン味でしたよね。
画像
“七軒だんご”のテント横には浴衣姿のお嬢さんが2人お立ちになりましたので、市まりさんと尚鈴さんはお客様のリクエストに応じて、撮影大会状態に。
画像
市まりさん・尚鈴さんのお2人の赤い前掛けが印象的です。いかにもお茶屋!という感じですね。
画像
上の画像、お2人の視線がズレていますが、何人かが同時にカメラを向けたからですね。こちらが大写し。
画像
行者橋は、その後、上七軒通から盆踊り会場に向かったのですが、「老松」さんの店頭には“晩柑フラッペ”を販売中でした。
画像
店員さんの説明によれば、味の3段重ねだったようでチョッと興味を引かれたのですが、行者橋はBEER最優先で行動しておりましたのでPASS。
画像
京都大好き様、どうか味のREPORTをお願いします(笑)。ということで、最後は市まりさん、お1人の画像を。
画像
ところで、「老松」さんのテント横には“みたらし団子発祥の地 北野御手洗団子茶屋”の看板がありましたが、下鴨神社&「加茂みたらし茶屋」と新たな論争が起きたりはしないでしょうか。八ツ橋の例もありますしねぇ(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

京都大好き
2018年08月13日 20:35
行者橋様
今回は私の写り込みが一切無くて良かったです!
わざと外して下さいましたね(笑)
御手洗団子は本当に素晴らしかったです!タレも舐め尽くしたいくらい!
しかも、頑張って焼いて下さっている職人魂が込められている団子なので、美味しさも増しました!

ご要望どおり、晩柑フラッペのREPORTです。
三層構造(下から、晩柑かき氷、晩柑糖、晩柑シャーベット)です。
晩柑かき氷には炭酸水がまぶしてありました。かき氷は甘さ控え目、中間の晩柑糖は甘さしっかり、晩柑シャーベットは甘さ控え目でしたので、全て混ぜ混ぜして食べると、夏バテにも効きそうな、爽やかな晩柑ソーダフローズンになりましたよ!
もちろん、最初は一層ずつ楽しみましたよ(笑)

行者橋様に京菓子情報をお知らせ致します。
東京にお詳しいので、ご存知かもしれませんが、日本橋 劇場型レストラン「水戯庵」のお菓子は亀末廣さんと老松さんですよ♫
行者橋 渡
2018年08月14日 07:36
京都大好き様、行者橋は(和様を問わず)高級な甘い物はたまにいただくくらいですので、「水戯庵」は存じ上げませんでした。有難うございます。晩柑フラッペのREPORTが素晴らしく、読むと「食べれば良かった!」と思いました。案外、安かったですしね(笑)。