御幸町通四条上ルの「益や酒店」でKako_47blueご夫妻にご馳走になる!

いつも酒飲み会にお付き合いいただいて47期青のKako_47blue(仮名)とそのご主人・HDK旦那(仮名)と「益や酒店」に行って参りました。まずは、店員さんが滋賀の「浅茅生“無圧搾り”」に続けて、奈良の「大倉」を注いで下さっている場面を。
画像


「益や酒店」は御幸町通(ごこまちとおり)を四条通から少し上がった所にあります。次は外観の画像ですが、とてもお洒落で和かい女性でも気軽に入れる感じです。
画像
店内に入ると、直ぐ右の壁にディスプレイされた1升瓶が目につきます。酒飲み心をくすぐる魅力的な光景です(笑)。いやぁ、これをツマミ代わりに見るだけでお酒が進みそう。
画像
平日は17時30分からですが、土日祝日は15時から(L.Oは共に23時30分)。行者橋TEAMが訪れたのは土曜日の16時。人気店なので店内は既に満員。
画像
予約していたので、最奥のテーブル席を用意して下さっていました。行者橋、このお店には開店直後に1度だけ訪れたことがあるのですが、最初にお通し(ツマミとお猪口1杯のお酒)とお水が出ます。
画像
こちらが、この日のお通しのアテとお酒。有名なお酒だったのですが、銘柄を忘れました(笑)。
画像
次の画像は、落ち着いた時点で座った席から改めて入口方向を撮影したもの。中央奥が入り口、右が厨房です。
画像
で、最初にKako_47blueご夫妻は生BEERを、行者橋は奈良の「篠峯」をオーダー。次は「篠峯」を注いで下さっている場面。
画像
そして、最初のオーダーした“いぶりがっこ入りのポテトサラダ”。美味!
画像
店内の壁にはいくつか大きな黒板があり、日本酒に関わる蘊蓄話等がアチコチに書かれています。
画像
行者橋も、Kako_47blue&HDK旦那も結構な酒飲みですので、1合を3人で分けていると直ぐに無くなり、お酒の注文が途切れません(笑)。次は福岡の「三井の寿」。
画像
次は、“焼き茄子のコンソメジュレ”だったかな。ジュレの中身が間違っている気がします(笑)。
画像
基本2時間制なので、17時過ぎに(15時スタートの皆様の)“第1波”が引いて、お店が静かになります(笑)。その隙を狙って厨房をパチリ。
画像
行者橋TEAMは引き続きあれこれと飲んだのですが、お酒のメニューに“黒麹仕込”の文字を発見。泡盛や焼酎を造る時に使う黒麹で、どんな日本酒が出来るのだろうと、ラストオーダー。
画像
黒麹がクエン酸発酵を促し、醪(もろみ)が酸性になることは朧気には知っていましたが…。いや、すっきりした酸味のある独特の味わい。京都の白杉酒造のお酒ですが、時々飲みたくなる感じです(笑)。
画像
最後はKako_47blueご夫妻の画像で。いつもながら、ご馳走になり申し訳ないことです。有難うございました。次は蛸薬師通烏丸東入ルの「サケホール益や」を攻めましょう(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント