子供は悩むよねぇ(笑):映画『パパはわるものチャンピオン』の話。

9月21日に公開される映画を2本ご紹介したいと思っておりまして、少し早いのですが、まず1本。ということで、珍しく2冊の絵本が原作の『パパはわるものチャンピオン』を。
画像
*(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

STORYは以下の通り。人気・実力ともに兼ね備え、エースレスラーとして活躍していた大村孝志(棚橋弘至)は膝の大怪我が原因で華々しいリングから離脱せざるを得なくなる。そして、10年後、大村は正体を隠し、悪役レスラー・“ゴキブリマスク”としてブーイングを浴びながらもレスラーとしての日々を送っている。

無論、大村の妻・詩織(木村佳乃)は承知し、理髪店を営みながら大村を支えるが、小学校3年生の息子・祥太(寺田心)には2人とも事情を打ち明けられずにいた。そして、祥太はプロレス好きのお父さんを持つ同級生・マナちゃんと共にプロレスを観戦し、“ゴキブリマスク”の悪役振りに憤慨する。
画像
*(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

しかし、ひょんなことから祥太は父親が“ゴキブリマスク”であることを知り、ショックを受け「わるもののパパなんて大嫌いだ」と反発。クラスメイトには父親が人気レスラーだと嘘をついてしまったりして、翔太は窮地に陥るが、一方でリングで必死に戦う父親の姿を見て、次第に“ゴキブリマスク”を応援する気持になっていく、という展開。
画像
*(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

一方、トップレスラー・“ドラゴンジョージ”(オカダ・カズチカ)が、かつて自分が憧れていた大村をタイトルマッチの相手に指名するという事態がおこることに。この、大村に全く勝ち目が無さそうな意外な組合せに、大村はプライドと家族への愛のために立ち上がる…という展開です。

行者橋は、プロレスの対戦という意味では力道山時代で、事実上、時間が止まっています(笑)。いや、真壁刀義と何故か永田裕志くらいは知っていましたが…。でも、オカダ・カズチカは存じ上げませんでした。プロレスファンには叱られそうですが、カッコ良いレスラーですねぇ。見惚れました(笑)。
画像
*画像は、Wikipediaから転載させていただいています。

棚橋弘至は映画發主演とは思えない、なかなかの役者ぶり。お母さん役がしっくりする年齢になった(笑)木村佳乃はいつもながらの好演。TVCMの“リトルベン”でもお馴染みの寺田心は達者な演技。脇に行者橋の好きな仲里依紗が雑誌編集者として登場していて、強烈なプロレスファンを演じていてチョッと嬉しかったな。
画像
*(C)2018「パパはわるものチャンピオン」製作委員会

言わば、プロレスを舞台にしたホームドラマですので、プロレスシーンは「もうチョイ見たかったなぁ」という気分は残りましたが、現役プロレスラーがスクリーンに多数登場してなかなか見応えがありました。なお、原作は板橋雅弘・作&吉田尚令・絵による絵本「パパのしごとはわるものです」「パパはわるものチャンピオン」です。

◆『パパはわるものチャンピオン』(2018年・日本映画・111分・監督:藤村享平・配給:ショウゲート ・2018.09.21公開)
〔最近観た映画から-№50〕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント