粟田祭の剣鉾@神宮道:2018年10月8日。

秋の剣鉾の季節にも関わらず、諸般の事情で撮影に行けない日々が続いておりましたが、ご近所の粟田神社の粟田祭の剣鉾を見逃す訳にはいきません。あちこちで撮った中、神宮道での様子を。まずは6基が勢揃いした画像から。奥に平安神宮の大鳥居が見えます。
画像


鱗雲状の雲が漂う青空を背景に綺麗に揃っています。剣鉾6基は三条通の1つ北筋の東姉小路通(ひがしあねやどおり)から神宮道に入ってきました。こちらが、大写し。
画像
右から「菊鉾」・「松鉾」・「獅子牡丹鉾」・「葡萄栗鼠鉾」・「竹虎鉾」・「琴高(きんこう)鉾」です。最初の画像は、今から差そうという場面。次が差し上げた瞬間。
画像
以下、2~3基ずつ、鉾の少し大写しを。まずは「菊鉾」(右)と松鉾(左)。「菊鉾」の剣先(まねき、と言います)のしなりが美しい!
画像
続いての2基は「獅子牡丹鉾」(右)と「葡萄栗鼠鉾」(左)。奥に切れているのは「竹虎鉾」。
画像
光る剣先(まねき)に悪霊が集まるので、しならせることによって悪霊を払って(切って)いく、というのが剣鉾の役割です。次は「竹虎鉾」。
画像
次は、中国・周代の趙(ちょう)の国で、鯉)を巧みに乗りこなした琴の名手という琴高(きんこう)仙人がモチーフになった「琴高鉾」(左)で、奥は「獅子牡丹鉾」。
画像
「琴高鉾」は初めて見ましたが、神宮道での良い画像が無かったので、上の画像は東姉小路通で撮ったものです。神宮道での6基の鉾が青空に映えます。
画像
そして、神宮道を粟田神社方向に帰って行くのですが、次の画像は三条通との交差点での光景。
画像
粟田神社に古くから伝わる剣鉾は18基あり、さらに近年「鶴鉾」が作られたのですが、このところの粟田祭では大体6基が鉾差しさんによって披露されます。以前には8基揃っていたこともありました。最後はこれ。
画像
シルエットですが、実は「琴高鉾」。粟田祭では、鉾差しをされる鉾の他に、当家(とうや)と呼ばれるお家に飾られる“鉾居祭(ほこいまつり)というのもあります。どこかでご紹介したいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント