「紫雲仙」のお蕎麦が絶品!…が、お酒を飲まずにはいられない前菜も凄い!

新潟のDr-Kご夫妻と東京のBlack-Rockご夫妻(共に仮名)が上洛されたので、あちこちをご案内したのですが、22日のお昼は御幸町通御池下ル(ごごまちどおり おいけさがる)の「紫雲仙」へ。行者橋がオーダーしたのは“二色ゆう膳 月”。まずは、その前菜の画像から。
画像


次は、店内の画像。画像左奥が厨房ですが、その手間に並ぶお酒の瓶のLINE-UPが目を引きます(笑)。
画像
こちらは、入口方向を写したもの。右奥にもカウンター席のようなスペースがあります。
画像
で、最初に出されたのが、こちらの前菜。
画像
左はひと口量の蕎麦の上にカラスミをおろしたものが載っています。右はいわゆるツマミの類。次は、カラスミの載った蕎麦の大写し。
画像
いただいたカラスミが残っているので、今度、スパゲッティの上に同じようにおろして掛けて食べてみようと思いました。そして、次が、最初と同じ画像ですが、おツマミ類(八寸で良いのでしょうか)。
画像
上から右回りに、小鰭(こはだ)の酢の物・赤蒟蒻(こんにゃく)・酢茎(すぐき)・鰊(にしん)の煮物。が、小鰭を一口食べた時に、「こりゃ、お酒だなぁ!」と酒飲み班の意見が一致!…次の画像右から2つ目の“開春”を注文!
画像
島根県大田市の「若林酒造」のお酒ですが、これがすっきりとした辛口で美味い!いや、午後の予定も結構当たったので、昼酒は避けるつもりでいたのですが…。次は茶蕎麦。
画像
上に載っているのは蕎麦がき化と思ったのですが、お店の方に尋ねると栃餅とのこと。珍しい!のですが、これも美味しくいただきました。抹茶の味が濃い茶蕎麦でした。そして、お蕎麦2種。
画像
こちらは梅干しの載ったお蕎麦。
画像
続いては、大根おろしの載った辛味蕎麦。
画像
いや、もう本当に最初から最後まで美味しい!の連続。ということで、満腹になって日本画家・橋本関雪の邸宅「白沙村荘」に向かったのですが、お店の前で記念撮影。
画像
前々から、1度訪れてみたいと思っていた「紫雲仙」ですが、これからは度々伺いたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント