初寄り@新門前通(後篇):2019年1月13日。

祇園甲部の舞妓さん・芸妓さんの初寄り、後篇です。お名前略・重複ありは続きます。まずは、構図がチョッと変な形になりましたが、こちらの芸妓さんから。
画像


お1人でスタスタスタと歩いて行かれたのですが、道路に窪みでもあったのか下駄が脱げてしまいまして、次は履き直していらっしゃっル場面。
画像
で、再びスタスタスタ。この日は宵お天気だったので、青いお召し物が映えました。
画像
続いてもお1人でスタスタスタと通過されていった芸妓さん。早すぎて1枚しか撮影できませんでした(笑)。
画像
sonogo、しばらくすると、大勢の一行が登場。総勢8名でしたっけ。
画像
お2人の芸妓さんの後に、舞妓さんが続きます。
画像
上の画像で舞妓さんがお1人、手でお顔が見えませんので似た画像が続きますが…。
画像
最後に、舞妓さんと芸妓さんが並んで。左端にカメラを持った男性が写り込んでいますが、この方はかなり舞妓さん側でウロウロしていましたので、こういうこともあるかなぁ…と心配していたら、やっぱり(笑)。
画像
そして、後姿を。
画像
次は、この一行の最初の方の芸妓さん・舞妓さんの帰り道での後ろ姿。
画像
その後、いつも舞妓さん・芸妓さんの行事の時にお会いする方々が、「すぐに、沢山来ますよ」と走り込んで見えました。と、その言葉通り…。
画像
そのカメラマンを見掛けて、舞妓さん・芸妓さんも「あらぁ、今、一力の所にいやはったのに…」と驚きの声を上げながら通過です。
画像
こちらは舞妓さんお2人。
画像
後ろ姿も追加。
画像
最後の2枚は、前篇で新門前通のカメラマンの様子を示すためにLASTにUPした画像に遠くに写っている舞妓さん。まずは正面から。
画像
そして、前篇mに続いて後篇のLASTも、この舞妓さんの後ろ姿。新門前通のクランク部分は、行きと帰りの様子が撮影できるので、なかなか良いかも(ただし、帰り道を西に取られる方はOUTですが)。
画像
“補色関係”と言って良いのでしょう、帯と着物の色のコントラストが、に美しい!…以上、初寄りの光景は、これにて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

narahimuro
2019年01月18日 10:03
 行者橋様へ
初寄りの様子UP,有難う御座いました。
実は、私も参加していたのですか、他所に用事があり、殆ど終わりごろしか、見学が出来ませんでした。
甲部はこのような行事が守られていて、さすが日本最大の伝統花街と改めて認識しました。
自前芸妓さんは、単独行動が多いですが、出身屋形のグループで行動される方もいて、様々ですね。
次回は、二月二日、三日の節分祭ですが、八坂神社、北野天満宮、釈迦堂、六波秘密寺等、行先選択に迷っています。
行者橋 渡
2019年01月20日 20:12
narahimuro様、コメント有難うございます。仰る通り、芸妓さんは色々なパターンでお見えになりますね。舞妓さんが多い屋形の芸妓さんは後輩を引率するという気配ですね(笑)。節分は、東京から知り合いが来てご案内があるので、舞妓さん・芸妓さんの豆まきを撮影できるか、チョッと心配しております(笑)。上手くスケジュールを組み立てなきゃ、と検討中です。