祇園甲部の槙子さん@京都国立博物館・“芸舞妓 春の舞”➀。

1月14日に京都国立博物館で開催されました新春イベント第2弾“新春を迎える優雅な舞 芸舞妓 春の舞”の様子を。今年は場所も変わり、舞の様子は撮影禁止となったのですが、昨年とは方針を変えてお1人ずつご紹介。まずは第1弾!…芸妓の慎子(まきこ)さんから。
画像


昨年は平成知新館のロビーでしたが、今年は講堂で13時からと14時からの2回(各回約30分・200人)。講堂は傾斜のついた椅子席ですので、撮影し易くなりました。
画像
今年、舞を披露されたのは次の画像の通りですが、左から朋子さん・市有里さん・槇里子(まりこ)さん・槙子さん・美羽子(みわこ)さん。
画像
舞の披露の後、インタビューの時間になったのですが、槙子さんがマイクを持つことがどうしても多くなりますね。
画像
お召し物の模様が“鶴に松”で、お正月らしい目出度さに満ちています(笑)。
画像
何度も書いてきたことですが、お正月は芸妓さんは向かって右に、舞妓さんは向かって左に稲穂の飾をつけます。
画像
次の画像は美羽子さんとの2ショット。
画像
槙子さんは様々なEVENTでお会いすることが多い芸妓さんですが、大体いつもリーダー役という立場ですね。
画像
次は、観客のためにフォトセッションの時間の際に立ち位置を変え、舞妓さんお2人(左・槇里子さん、右・美羽子さん)を従えた(笑)場面。
画像
最後の画像はチラッとトラりんが写っているのですが。
画像
このEVENT自体は無料なのですが、入館料は必要で、整理券を11時に確保しなくてはなりませんが、その間は館内の展示を楽しむこともできますし、途中で退場して再入場も可能ですので、とても有難いEVENTです。残りの4人は、間をおいて順次UPする予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント