2月25日は、やっぱりヱビスビールを飲まなきゃ!

2月25日は全国のサッポロライオンチェーン(一部を除く)で“樽生エビスビール全品が終日半額”という酒飲みにとってはとても有難い日なので、昨年に引き続き京都駅南の「銀座ライオン京都アバンティ店」へ。まずは、ぎ行者橋の最も好きな“ヱビス スタウト クリーミートップ”の画像から。
画像


“ヱビス スタウト クリーミートップ”は画像の1サイズのみで、通常は690円(税抜き、以下同じ)。で、ツマミを少々。まずは“おとなのポテトサラダ”。
画像
さらに、“ピリ辛ごぼう天”。それ自体辛いのですが、お姉さんに頼んで、タバスコソースを持ってきてもらいました(笑)。
画像
が、届いたのがハバネロソースだったので、結構辛かった(笑)。でも美味!で、飲み物を追加。“ヱビス生ビール”大ジョッキ(970円)。
画像
お昼代わりに飲みに行ったので、“ポテトとソーセージのガーリック炒め”をオーダーして、お腹を満たす方向に(笑)。
画像
で、店内のポスター等を拝見しながら、ジョッキを空けていきます。うーん、昼のBEERは最高!いや、年に2回くらいはEVENTとして開催してほしいものです。
画像
一緒に行った知り合いは“琥珀ヱビス生ビール”大ジョッキ(1020円)をオーダー。行者橋は再び、“ヱビス生ビール”大ジョッキ(970円)。
画像
そして、ツマミを追加。1本ずつ注文できる“ビヤホールウインナー ”を3本。
画像
最後に“タコの唐揚げ”にするか、“タコの和風カルパッチョ”にするか迷ったのですが、結局、カルパッチョに。
画像
この「銀座ライオン京都アバンティ店」では“ヱビスマイスター”を扱っていないので残念でしたが、お腹も心も満足して帰途につきました。最後はこちら。
画像
*上の画像はぐるなびから転載させていただいています。
今年の、行者橋の初夏の個人的EVENT“白川のウッドデッキで早朝BEER”は“ラッキーヱビス”を用意するぞ!と決意を新たにしています。最後に蛇足。銀座ライオンのお店では、結構頻繁にヱビス半額を実施しているのですが、やはりヱビスビールが生まれた2月25日(*参照)がBESTかなぁ(笑)。

(*:1890(明治23)年2月25日 、現在のサッポロビールの前身である「日本麦酒醸造會社」から“惠比壽麦酒”が発売されたので、ヱビスビール誕生の日とされています。ちなみに当時の販売価格14銭は現在の3000円程になるとか。超高級品ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント