宇治・平等院鳳凰堂は、現在、内部の拝観ができませんが…。

37期紫なすびのRi-tan(仮名)ご夫妻とメールでご案内地のやり取りをしていた時、ご主人が「そういえば、平等院に行ったことが無いかも」と仰ったので、「じゃぁ、鳳凰堂内部は拝観できませんが、行きましょう。宇治上神社もお薦めですし」ということでGO!…まずはこの珍しい画像から。
画像


この日(16日)は、朝、石清水八幡宮・飛行神社に行き、午後、宇治・平等院鳳凰堂に向かい、正面で色々説明して、鳳翔館に向かう途中で振り返って睡蓮と鳳凰堂を撮影!
画像
と、しばらく見ていると(上の画像にも写っていますが)人影が…。あれっと思い、さらに様子を見ていると、係の人らしき方が正面扉を開け始めました!…おぉ、これはどうした事か!
画像
実は行者橋TEAMの少し後に、修学旅行生の団体が入場してきて、チョッと鬱陶しいなと思っていたのですが、ヒョッとしたら彼らのためのサービスか(笑)。ということで、扉全開!
画像
Ri-tanご夫妻には、「普段は扉が開いていて、池のこちら側からでも阿弥陀様のお顔を拝することができるのですが…」と説明していたのですが、その様子を垣間見ることができました。
画像
5月13日から11月15日まで鳳凰堂内修理のため拝観ができないことは承知して訪れたのですが、その足場が組まれている様子はむしろレア物!(笑)。改めて、正面からの鳳凰堂をパチリ!
画像
ということで、再び、鳳翔館への道すがら、2枚目の画像とほぼ同じ場所で撮影したのが、次の画像。
画像
平等院の藤は流石に散っていましたが、楓類の若葉が実に綺麗でした。羽根のように広がる、ほんのりと朱い翼果(よくか=種ですね)と緑のコントラストがとても美しい!
画像
鳳翔館で雲中供養菩薩や復元された鳳凰堂内の来迎図等をゆっくり見学した後、もう1度、鳳凰堂の画像を撮影に戻り、今度は青モミジを配して。
画像
ということで、珍しい宇治・平等院鳳凰堂のお話は、これにて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント