京都「鴨いち」で鴨料理を堪能!

41期・47期青の卒業生&2人のお嬢さんのTEAM-KKのご報告で1つ抜けていましたので、遅ればせながら。食事のリクエストを伺った時、「鴨料理が食べたい」とのことでしたので、烏丸通押小路上ルの「鴨いち」へGO!まずは、メインの「鴨焼きしゃぶ鍋」の画像から。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (66)鴨いち.JPG


47期青のMeg-K(仮名)に「どうして、鴨料理なの」と聞いたら、「京都と言えば鴨川もあるし…」といきなり高速スライダー(笑)が返ってきました。それはともかく、最初にドライアイスの煙と共に登場したのが突き出し。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (54)鴨いち.JPG
正確な名前は忘れましたが、鴨の燻製です。美味しくって、皆で取り合いをしてすぐに無くなったので、後で同じものを再注文(笑)。次は胡瓜のタタキ。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (55)鴨いち.JPG
こちらは鴨ハム(だったかな)のサラダ。タタキもサラダも正式名不詳。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (59)鴨いち.JPG
続いては行者橋の好きな「鴨刺し盛り合わせ」。いや、鴨は食べたことは無いのですが、鶏で同様のものをいただいたことがあるのです(笑)。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (56)鴨いち.JPG
41期青のRuka-K(仮名)はお酒を飲まないので、もっぱらMeg-Kと行者橋が日本酒「神蔵:かぐら」を。いや、日本酒に合います(笑)。で、次がメインの「鴨焼きしゃぶ鍋」。こちらが、食材を載せる前の鍋。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (63)鴨いち.JPG
容易に想像できるでしょうが、上で鴨肉等を焼き、その油が落ちた下でしゃぶしゃぶをします。最初の画像に写っていますが、まずはフォアグラを焼きます!そして、その他の鴨肉がこちら。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (69)鴨いち.JPG
鴨肉の焼ける音と匂いが食欲をそそります。分割して食べるのですが、余りが出るとTEAM-KKの4人が真剣にジャンケンで争奪戦!
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (70)鴨いち.JPG
今回は「鴨焼きしゃぶ鍋」3人前をあらかじめ注文しておいて、残りはアラカルトで。ということで、次は「鴨だしたっぷり だし巻き玉子」。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (80)鴨いち.JPG
続いても、別途オーダーした「57℃調理の鴨ロースト」(だったはず)。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (83)鴨いち.JPG
そして、しゃぶしゃぶ。まずは、つくね。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (82)鴨いち.JPG
続いて、鴨肉と白菜等を。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (84)鴨いち.JPG
葱もたっぷりで大満足。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (85)鴨いち.JPG
トドメは「鴨つくねハンバーグ」。
2019.08.20桑原・熊澤上洛 (86)鴨いち.JPG
京都は割合、良く鴨を食べる地域で、鴨ロースの燻製あたりは普通の居酒屋でも食べられますが、この日は鴨を堪能。1年分の鴨を食べた気分になりました(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント