ずいき神輿!@北野天満宮御旅所。

京都の10月は、北野天満宮のずいき(瑞饋)祭から始まります。ということで、ずいき神輿がそろそろ御旅所に到着したかなという頃を見計らってGO!まずは、(大人用の)ずいき神輿の画像から。
2019 .10.01大澤家上洛 (101)ずいき祭り.JPG


北野天満宮御旅所は西大路妙心寺道の交差点を西に1筋入った春日通(佐井通)と妙心寺道の角(京都市立北野中学校の西南)にあります。屋台が鳥居の両側にひしめいています。
2019 .10.01大澤家上洛 (100)ずいき祭り.JPG
以下、四方のデザインをご紹介。まずは最初の画像の正面(南面)。テーマは「ぶんぶく茶釜」です。
2019 .10.01大澤家上洛 (109)ずいき祭り.JPG
下の鳥居の場所桂馬といいます)は「ボウリング」。
2019 .10.01大澤家上洛 (111)ずいき祭り.JPG
建物の柱には里芋(唐の芋)が、この茎がずいきですね。下の根の部分(頭芋)が獅子頭に細工されます。
2019 .10.01大澤家上洛 (112)ずいき祭り.JPG
続いては、西面の全体像。
2019 .10.01大澤家上洛 (114)ずいき祭り.JPG
上は「ライオンキング」。
2019 .10.01大澤家上洛 (117)ずいき祭り.JPG
そして、桂馬部分には「鳥獣人物戯画」の有名な場面、兎と猿。
2019 .10.01大澤家上洛 (116)ずいき祭り.JPG
それぞれの鳥居の横には「松に鶴」「梅に鶯」。鶴と鶯は茗荷(みょうが)です。続けて2枚。
2019 .10.01大澤家上洛 (106)ずいき祭り.JPG
2019 .10.01大澤家上洛 (119)ずいき祭り.JPG
また、神輿の四方の木鼻には「獅子頭」が。
2019 .10.01大澤家上洛 (118)ずいき祭り.JPG
そして、北面(裏に当たります)はこちら。
2019 .10.01大澤家上洛 (121)ずいき祭り.JPG
上の画像では分かり難いでしょうが、上部には「鶴の恩返し」が。
2019 .10.01大澤家上洛 (123)ずいき祭り.JPG
桂馬部分には何故か「ハリネズミ」。
2019 .10.01大澤家上洛 (122)ずいき祭り.JPG
そして、東面。
2019 .10.01大澤家上洛 (124)ずいき祭り.JPG
上は「いだてん」の金栗四三選手ですね。ちゃんと“54年8ケ月6日5時間32分20秒3”という記録(*参照)も記されています。
2019 .10.01大澤家上洛 (104)ずいき祭り.JPG
桂馬部分はラグビーワールドカップにちなんで「トライ」が。
2019 .10.01大澤家上洛 (103)ずいき祭り.JPG
以上で、ずいき神輿のご紹介は終了ですが、最後に子供神輿を。
2019 .10.01大澤家上洛 (102)ずいき祭り.JPG
魔法のランプが見える所から判断するに「アラジン」ですね。次は少し大写し。
2019 .10.01大澤家上洛 (102)ずいき祭り.JPG
子供神輿は以上の2枚しか画像がありませんので、これにて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

行者橋 渡
2019年10月07日 07:58
miyasan様、コメント有難うございます。車での往復、ご苦労様です。こちらの動画も拝見します。ところで、当日は全く気付かなかったのですが、「梅乃」さんのお3方を撮った中に、miyasan様と思しきお方の後姿が写っていました。7日の15時以降、ブログにUPされます。ご確認いただければ、と思います。
miyasan
2019年10月08日 22:17
今晩は、そうなんですよ!!
他の方の動画の幾つかに映っています(笑)
まぁったまには良いかなと思っていますよ。
自分を見て・・・ああっ年取ったなぁ~と思っています。

京都はこれから多くのイベントが有りますね。
自分は、11月の祇園をどりが最後に成ります。
11・12月は思ったより仕事が多く成り余裕が無く成りました。

先生もこれから寒く成りますからお身体にはご注意を・・・!
行者橋 渡
2019年10月09日 11:27
miyasan様、コメント有難うございます。舞妓さん関係の動画はEVENT終了後かなり早い段階で数多くUPされますよね。静止画の方は数多く撮った中から、どれをUPするかの選択が終了すれば、ほぼブログの構成は完了するのですが、これがなかなか大変で。まぁ、動画の場合も編集を丁寧にしようとするとおおごとになってしまうのでしょうが…。また、どこかでお会い出来るのを楽しみにしています。