巫女さんの神楽舞奉納@京都ゑびす神社お火焚祭。

毎年11月16日、京都ゑびす神社ではお火焚き祭が行われますが、本殿(前)での神事・お火焚き・湯立神事と3パートに分かれています。今回は本殿(前)の神事の途中で奉納される巫女さんによる神楽舞の様子を。まzはこちらの画像から。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (33).JPG


お火焚祭は、江戸時代から京都のあちこちの神社(・寺院)で行われてきた、火を焚くことで日常の穢れや罪を祓い、心身を清めて無事を祈る神事です。次は神事の前に嗽手水(うがいちょうず)で身を清めている場面。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (11).JPG
白く煙っているのは、湯立神事の釜の煙です。本殿前に氏子代表他の関係者・楽人が揃い、宮司・神職によって神事開始です。まずは修祓(しゅばつ:お祓い)から。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (16).JPG
最初は神楽鈴と檜扇を持って、巫女さんが舞います。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (19).JPG
神楽鈴を鳴らし、その音で神様の威力を示し、お祓いをする訳ですね。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (20).JPG
その後に刀を使った舞を奉納です。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (21).JPG
先ずは刀を捧げ持ち、刀身を出していきます。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (25).JPG
最初はゆっくりとしたリズムの舞です。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (40).JPG
途中から速いリズムに変わって、巫女さんの動きも激しくなります。その後、巫女さんは再び神楽鈴を手にされて鳴らし、神威を関係者・参拝客に振り撒いて下さいます。
2019.11.16京都ゑびす神社お火焚祭  (51).JPG
残り2つのパート(湯立神事・お火焚き)は時間があれば…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント