夕日を背景に大鳴門橋を眺める!@神戸淡路鳴門自動車道・淡路島南PA。

四国めぐり1泊バスツアーの往路はしまなみ海道経由で瀬戸内海を渡ったのですが、帰り道は四国横断&淡路島経由なので、鳴門海峡と明石海峡を通過して本土(笑)へのコース。丁度、淡路島に到着した時に夕日が沈む頃合いだったこともあり、淡路島南PAで早めのトイレ休憩。まずはこちらの画像から。左端に大鳴門橋が見えます。
2019.11.06四国 (209)淡路島南PA.JPG


実は、鳴門と淡路島の間には、小鳴門あるいは撫養(むや)の瀬戸とも呼ばれる狭い「小鳴門海峡」と広くて渦潮で有名な「鳴門海峡」(大鳴門)の2つの海峡が続いています。次は小鳴門海峡に架かる撫養橋(神戸淡路鳴門自動車道)=国道28号線)からの光景。
2019.11.06四国 (198)鳴門海峡・撫養橋から小鳴門橋を.JPG
上の画像奥の橋は小鳴門橋(徳島県道11号鳴門公園線)です。続いては、鳴門海峡に架かる大鳴門橋からの光景。画像中央状に見える白い小さな点はお月様です。
2019.11.06四国 (203)鳴門海峡・大鳴門橋.JPG
上弦の月を過ぎた月齢10日くらいのお月様ですが、次は大写し。
2019.11.06四国 (216)上弦過ぎの月.JPG
ということで、淡路島に渡ってすぐの場所にあるのが、淡路島南PA。4階の展望台から夕日と大鳴門橋を眺めます。最初の画像と似た光景になりますが…。
2019.11.06四国 (206)淡路島南PA.JPG
次は大鳴門橋の大写し。全長1629 m ・幅25m・主塔の高さ144.3 m・最大支間長876 m ・ 桁下高41 m の(正確に言うと)3径間2ヒンジ補剛トラス吊橋だそうです。
2019.11.06四国 (208)淡路島南PA.JPG
実はこの大鳴門橋は上下2層で、下の層は四国新幹線用に造られたのですが計画は無くなり、明石海峡大橋も自動車用のみの構造で建造されましたので、もはや偉大なる無用の長物と化しています。淡路島南PA展望台からの光景はとても美しく、神々しい気分にひたりつつバスに乗り込みました(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

命短し恋する乙女
2019年11月10日 05:37
2019年06月06日

森光子のお墓って阿弥陀寺にあったんですね:信長忌で。

こちらにコメントしました

回答よろしくお願いします」
AK
2019年11月10日 09:39
しまなみ海道を通る電車、それはそれで乙なものだったでしょうね。速すぎるかな?でもトンネルよりはええかなあ。
行者橋 渡
2019年11月11日 11:04
AK様、コメント有難うございます。
しまなみ海道のいくつもの橋は元々、島々を結ぶ道路で鉄道用には造られていませんが、電車が通ると美しい光景を楽しめたことでしょう。現在、四国と本州を結ぶ鉄道は香川県坂出市と岡山県倉敷市を結ぶ瀬戸大橋の児島・坂出ルートだけですが、将来、淡路島と和歌山県を結ぶ橋に鉄道が通れるように設計され、実現すれば2ルートできることになります。おそらく無理でしょうが(笑)。
行者橋 渡
2019年11月11日 11:10
命短し恋する乙女さん様、信長忌の記事の方にコメント(回答)しておきましたが、黒柳徹子さんのお墓云々の事は不明です。次に阿弥陀寺を訪れる機会があれば周辺を確認しておきます。森光子さんが以前、つくば市に買ったお墓(現在は霊園が無いそうです)の事かもしれませんが。
AK
2019年11月12日 15:15
おっと新幹線計画はしまなみ海道ではなく、大鳴門橋でしたね、失礼しました。
私は新幹線・特急電車より眺めを楽しめる飛行機や船が好きです。でも飛行機は曇天や夜はさっぱり。

四国は高速バス利用者も多いそうですね。
行者橋 渡
2019年11月12日 15:55
AK様、コメント有難うございます。
行者橋は乗り物全般が好きですが、飛行機は乗る機会が余り無いので残念です。民家の小父さんが水撒きをしているのが見える程、低い位置を飛ぶ伊丹空港も、皇祖ビルにぶつかるのじゃないかと思うようなコースを取る香港の空港も好きなのですが(笑)。

四国は入った瞬間に交通の便が悪くなるので、効率よく回るには自動車が最適です。行者橋は免許証を持ってないので無理なのですが(泣)。