奈良監獄見学報告記②・庁舎&倉庫篇。

奈良監獄(旧・奈良少年刑務所)見学報告、第2弾は庁舎と倉庫です。最初の画像は、正面からの庁舎です。いや、「明治時代に創立されたミッション系大学の本部建物です」と言われても納得してしまいそう(笑)。
2019.11.30奈良 (39)奈良監獄.JPG
戻って、再び庁舎ですが、今度はやや斜め左側から。
2019.11.30奈良 (53)奈良監獄.JPG


庁舎は赤煉瓦造りの2階建てで、中央に銅板造りの屋根を持つ尖塔が見えるので洋風感が強いですが、屋根は現在も和風建築に使われる波型の普通の屋根瓦、つまり桟瓦葺き(さんがわらぶき)ですね。
2019.11.30奈良 (81)奈良監獄.JPG
青銅色が美しい避雷針のついた尖塔です。丸窓の白い花崗岩が実に美しい!次の画像は、少し右側から撮影した画像。
2019.11.30奈良 (57)奈良監獄.JPG
上の画像右はアーチ型の廊下ですが、これはこれで美しい!続けて2枚。
2019.11.30奈良 (176)奈良監獄.JPG
2019.11.30奈良 (133)奈良監獄.JPG
で、再び庁舎に戻って、今度はやや左側からの画像を。
2019.11.30奈良 (53)奈良監獄.JPG
さらに左に寄ると、こんな光景に。節が名所に「トマソン」(*参照)階段が残っています。
2019.11.30奈良 (80)奈良監獄.JPG
上の画像左に続くのが、こちらの倉庫。
2019.11.30奈良 (79)奈良監獄倉庫.JPG
庁舎の左右にあるのですが、向かって右は監獄資料館になっています。で、こちらは左側ですが、上の画像で小母様が覗いていた入口の様子がこちら。
2019.11.30奈良 (183)奈良監獄倉庫.JPG
出入り口の庇(ひさし)の持ち送りは他の建物と同じですが、白い装飾が綺麗です。石の階段もアーチ部分の色違いの煉瓦もこーばーの花崗岩、本当に芸術的!次の通気口も美しい!
2019.11.30奈良 (184)奈良監獄倉庫.JPG
そして、最後はやっぱりこの画像。
2019.11.30奈良 (58)奈良監獄.JPG
るっ京大額です、いや青上山学院大学です、いやいや同志社大学です…と言われても信じてしまいます(笑)。

*蛇足:今回の庁舎は下図の緑枠部分、倉庫は赤枠部分です。
img_figure.png

*画像は、旧奈良監獄サイト(2018 ©旧奈良監獄保存活用株式会社 All rights reserved.)から転載させていただいています。加工あり。/em>

:トマソンとは、建築物等に付属して存在し、芸術作品を展示するかのように美しく保存されているものの、役に立たない非実用的な無用の長物を指す言葉。赤瀬川源平らが発見・命名したもので、超芸術トマソンとも。1980年代初め、巨人軍に在籍していたゲーリー・トマソン選手に由来する(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント