すぐき奉納奉告祭@上賀茂神社で「すぐき」をいただく!

12月8日、実は千本釈迦堂の大根焚き(だいこだき)の様子を確認に行く前に、上賀茂神社で行われた「すぐき奉納奉告祭」に行って参りました。いや、目当ては当日無料で配られる「すぐき」です。ままずは、その画像から。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (50).JPG


いやいや、これはお店で買うと800円は下らない大きさの逸品!です。で、上賀茂神社の二の鳥居を入った左手には「すぐき神輿」とすぐきの「天秤押し」が展示されています。こちらが、すぐき神輿。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (2).JPG
そしてこちらが、天秤押し。梃子(てこ)の原理で漬けます。手前の縄で作られた網には重しとして石が入れられています。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (3).JPG
この行事は最初の画像にあるように「京の上賀茂すぐき倶楽部」の皆様が主催されています。11時少し前、その皆様がすぐき神輿を担いで一の鳥居前まで移動です。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (26).JPG
そして、一の鳥居前で、改めて手水(てみず)を使って、奉告祭に向かわれます。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (29).JPG
神職の方を先頭に、幟(のぼり)・太鼓・すぐきの樽・すぐき神輿等が続きます。次の画像右端にオレンジ色の物体(笑)が見えますが、無料配布用のすぐきが入ったケースです。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (33).JPG
行列のスタート直後から配布が始まるのですが、多くの方が手を伸ばしてすぐきをGETしていくので、あっという間に1ケース分が無くなります(笑)。その後もこんな感じ。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (35).JPG
次が少し落ち着いた状況での画像。少し待っていれば、係の方がきちんと手渡して下さいます。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (36).JPG
が、かなり数多く配布されるので二の鳥居を潜るあたりでも、まだ残っています。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (37).JPG
その後、土屋(つちのや)でお祓いです。次の画像奥に見える覆屋は、橋殿の屋根の葺替え工事用のものです。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (39).JPG
そして、例年なら玉橋を渡るのですが、今年は工事の関係で巫女さんも一緒に長寿橋(実は樟の化石)を通過して本殿に向かいます。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (42).JPG
次は関係者一同が本殿に入る場面ですが、この後、本殿前ですぐき奉納奉告祭の神事を執り行います。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (47).JPG
NHKのカメラマンも「本殿は撮影しないで下さい」と神社の広報の方に注意されていましたので、これにて撮影は終了。関係者は、神事が終了すると記念撮影もされるのですが、それは失礼して千本釈迦堂に移動しました。最後にもう1度、すぐきの画像を。
2019.12.08上賀茂神社すぐき奉納奉告祭 (48).JPG
早速いただきましたが、実に美味しかった!…このところ、すぐき続きです(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント