武射神事@上賀茂神社・後篇。

上賀茂神社(賀茂別雷神社:かもわけいかづちじんじゃ)での武射神事(むしゃしんじ)後篇は百々手式:ももてしき)他)の様子を。説明は後にして、まずは2組目の画像から。
2020.01.16武射神事 (194).JPG


蟇目の儀の後、神職が矢を射る儀式が終わると前半戦終了となり、弓馬術礼法小笠原教場京都菱友会(以下、小笠原流)の方々による百々手式となる訳ですが、様々な係の方が移動します。
2020.01.16武射神事 (57).JPG
的も少し小さなものに替えられます。
2020.01.16武射神事 (56).JPG
百々手式は、本来、百々手式は10人の射手が10手(1手は甲・乙2矢)ずつ射るので計100手となるのですが、武射神事では7人の3組が1手(2射)ずつ射る簡略版で行われます。
2020.01.16武射神事 (66).JPG
上の画像は、右端の係の者が百々手式を始めよと告げ、3組の代表者が答えている場面です。その後、1組の射手が整列します。次の画像前が1組、左後ろが2組、右奥で1組の蔭になっているのが3組です。
2020.01.16武射神事 (74).JPG
1組目の様子を続けて3枚。画像左の射手から順に連続して矢を射ます。
2020.01.16武射神事 (82).JPG
2020.01.16武射神事 (90).JPG
2020.01.16武射神事 (99).JPG
男性は片肌を脱いでいますが、2組は女性なので着物(水干:すいかん)乃袖を広げるような所作の後、襷を掛けます。こちらも続けて3枚。
2020.01.16武射神事 (149).JPG
2020.01.16武射神事 (165).JPG
2020.01.16武射神事 (175).JPG
矢が的に中(あた)ると、確認のための房(正式名不明)を上げます。
2020.01.16武射神事 (276).JPG
また、書き役の方々が確認して記録します。
2020.01.16武射神事 (282).JPG
続いて3組ですが、少し角度を変えて。
2020.01.16武射神事 (256).JPG
もう1枚、今度は斜め横から。
2020.01.16武射神事 (281).JPG
3組最後は射ている場面を1枚。
2020.01.16武射神事 (269).JPG
全部射終わると矢を返すのですが、その場面の1つがこちら。左2人が抜いてきた矢を右2人に渡し、右の方々が射手に返します。
2020.01.16武射神事 (284).JPG
この間、見届けていた神職の方々も引き上げ、全員でお神酒を飲み、記念撮影です。
2020.01.16武射神事 (298).JPG
ということで、前後に分けてお届けした上賀茂神社での武射神事報告は終了です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント