「『京友禅の老舗 千總 イベント 図案家のしごと』@京都岡崎 蔦屋書店」を拝見してきました!

ポロニア学園(仮名)64期赤の袴田有紀が、自身の勤務する会社「千總・ちそう」の開催する「京友禅の老舗 千總 イベント 図案家のしごと」の告知をFBでしていたので、9日の午後、またまた岡崎へチャリチャリ。会場は「ロームシアター京都」内にある「京都岡崎 蔦屋書店」(以下、蔦屋書店」のパークプラザ1階。まずは、こちらの画像から。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (5).JPG


袴田によれば「千總」には専属の図案家さんが12人いらっしゃるそうですが、今回のイベントでは看板にも「図案家」として紹介されていますので、敢えてお名前を伺いませんでした。ですが、京都精華大学で日本画を学ばれた後、「千總」での図案家としてのお仕事は7年になるとか。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (3).JPG
図案家さんは、次の画像のように図案を作成されていたのですが、当然のことながら、ご自身が考えて作成する図案の他、お客様の要望・注文に応じて作成するものもあるのだとか。いくつかの見本を拝見すると後者の例で、伊藤若冲の鶏がモチーフになった図案等もありました。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (10).JPG
「日本画と着物の図案とでは、どう違うのですか」「日本画は平面(2次元)で完結することを考えれば良いのですが、着物の図案は立体(3次元)で考えるのと着物のどの部分になるのかがポイントになることでしょうか」等とQ&A。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (2).JPG
上の画像はパークプラザ1階のインフォメーション前の会場を入り口側から撮ったもので、奥が「蔦屋書店」ですが、手前にはメモパッドや蝶ネクタイも展示・販売されていました。こちらがメモパッド。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (9).JPG
そして、こちらが蝶ネクタイ。とても素敵なデザインもあり「仕事をしていれば買うんだけどなぁ」と思いつつ、「でも、スーツとは無縁の生活をしたくて京都に移ってきたんだし」ということで断念(笑)。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (8).JPG
角度を変えて「蔦屋書店」側から撮影すると、美しいストールが。ストール等は図案をコンピュータに落としインクジェット印刷するのだとか。今回、購入された方には図案家さんがイニシャルネームや記念日の日付を入れて下さるとのことでした。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (6).JPG
短い時間ながら、かなりの質問をしたのですが、図案家さんはお仕事を続けながら丁寧にお答え下さいました。最後は再び正面から少しワイドな状況を。画像左が袴田です。
2020.02.09千總図案家図案作成実演 (7).JPG
このイベントは「蔦屋書店」が主催されたようですが、なかなかお目に掛かれないお仕事の様子を拝見できて何よりでした。三条通烏丸西入ルにある「千總ギャラリー」は新店舗リニューアル工事のために昨年11月から休館中ですが、再開したら行かなきゃなと思いつつ、行者橋は仁王門通の頂妙に向かいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い 面白い

この記事へのコメント