今年の梅花祭は微妙な光景が…(笑)@北野天満宮。

京都でも新型コロナウイルス感染症の拡大による行事の中止・縮小が続いていますが、梅花祭も事前に「野点茶会は参加者数を制限、マスク着用、舞妓さん・芸妓さんの抹茶の提供停止」との告知がありました。野点茶会の撮影は数年前から断念しているのですが、「舞妓さん・芸妓さんの画像はまぁ撮れれば良し、梅の花でも撮って帰ろう」と思い、チャリチャリチャリ。で、まずは尚可寿(なおかず)さん!
2020.02.25梅花祭 (15)尚可寿.JPG


傘を差していらっしゃるのは、断続的に霧雨が微妙に降っていたからです。続いては、尚可寿さんよりもかなり前にお見えになった、左・ふみ幸(ゆき)さんと右・勝貴(かつき)さん。
2020.02.25梅花祭 (1)ふみ幸・勝貴.JPG
傘・雨コート姿ですが、お2人のお顔に傘の色が映って、真っ赤っかになってしまいました。大写しは手ブレ画像なのでパス。ということで、後姿です(笑)。
2020.02.25梅花祭 (3).JPG
この後、東門の内側に陣取って撮影続行しようとしたら、尚絹さんらしき方がスタスタスタと通過されて行きました。遠目だったので、本当に尚絹さん嘉どうか不明です(笑)。
2020.02.25梅花祭 (4)尚衣?.JPG
少し時間が空いて、次に関係者の皆様とご一緒に登場されたのが市ぎくさん。お1人の画像は横顔のみになってしまいました。
2020.02.25梅花祭 (8)市ぎく.JPG
続いては舞妓さんお2人。右は市彩さんで間違いなのですが、左は市梅さん(かな、と自信がありませんが)。仲良くスタスタと通過されました。
2020.02.25梅花祭 (10)市梅・市彩.JPG
で、最初に書いたように、行者橋は9時30分から30分間だけ舞妓さん・芸妓さんを撮影できれば上出来!、その後は梅の撮影に…と思い、移動しようかなと思っていたら、梅嘉さんがお見えになりました。
2020.02.25梅花祭 (15)梅嘉.JPG
考えてみれば、今年は舞妓さん・芸妓さんも少数で大丈夫なので、お見えになるのも少ないのだと気付き、10時になったので梅の撮影に移ることに。まずは、拝殿前の紅梅。飛梅伝説にからむ梅ですが、無論、今の木は後世の物(推定樹齢400年とか)。
2020.02.25梅花祭 (21).JPG
次は大写し。枝の先まで花がついていたので満開ですが、とても綺麗です。
2020.02.25梅花祭 (22).JPG
アチコチで梅を撮影したのですが、もう2枚だけ。次は北野天満宮創設以前に祀られていた地主(じぬし)神社横の紅梅・白梅。
2020.02.25梅花祭 (32).JPG
楼門からの石畳の参道が二手に分かれ、三光門・拝殿・本殿への石畳が左斜めに続いているのは、直進する石畳が地主神社に向かう参道だからです。これまで紅梅の画像が多かったので、最後は別の場所の白梅。
2020.02.25梅花祭 (24).JPG
京都ローカルのTVニュース&知人情報によると、野点茶会は参加者約1000人(例年の3分の1)。舞妓さん・芸妓さんは正装でお茶を点てておられましたが、抹茶の振舞いは関係者が6杯くらいの抹茶の茶碗を載せたお盆からお客様が自ら取るスタイルでした。舞妓さん・芸妓さん以外の、お客様と抹茶を運ぶ関係者の全員がマスク姿のTV画面はかなりシュールでしたね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

narahimuro
2020年02月26日 23:19
行者橋様へ

2月25日の梅花祭の写真のUP有難うございます。
この祭りには、毎年、参拝していたのですが今年は
勤務シフトから抜けられず行けませんでした。
今冬は暖冬だったせいか、梅の開花も早く、綺麗に
先揃っているようですね。
3月に入れば、見に行きたいと存じています。
ところで、芸舞妓さんですが、行者橋様の
おしゃる通りの方々と思います。
それにしても、野点の縮小の原因となった
コロナ騒動はいつ終息するのでしょうか。
東山花灯路が中止にならないよう祈っています。
行者橋 渡
2020年02月27日 09:26
narahimuro様、コメント有難うございます。今年の梅花祭は梅が綺麗に咲いていて、それはそれで見応えがありました。
それにしても、新型コロナウイルスの感染拡大は、京都にかなり深刻な経済的打撃を与えそうです。このままだと,東山花灯路はOUT二なりそうですね。
宮原
2020年07月29日 22:40
今晩は、ご無沙汰しています。
コロナのお陰で、4月2日に京都に行って以来遠ざかってしまいました。
2日に、衿変えまえのひなちゃん、梅葉さん、お母さんと湯豆腐を食べたのが最後です。
この日に、ちえちゃんが衿替えの手伝いに来ていたそうで、入れ違いに成りました。

森さんから最近聞きましたが、上七軒の舞妓が三人と成ってしまったそうです。
恐らく市さんの三人が残って、ふみ幸ちゃんと勝貴ちゃんが辞めたのかな?
勝貴ちゃんはコロナで実家に帰って戻らなかったのかも・・・。
ふみ幸ちゃんは年季が明けて芸妓さんには成らのかな?
絹ちゃんは自前さんに成って頑張っているそうです。
梅乃のお母さんから電話が有り、絹ちゃんを宜しくとお願いされました。

色々とコロナ騒ぎで有りましたが、仕込みさんが来て来年は通常に戻って欲しいです。
今は止まっていた仕事が動き出して、京都は暫くお休みですね。
落ち着いたら出掛けようとは思っています。

先生も感染には十分に注意して下さい。
行者橋 渡
2020年08月02日 14:28
宮原様、お久し振りです。コメント有難うございます。
行者橋も4月以降、外に出ることがめっきり減りまして、上七軒にも長い間、足を向けておりません。舞妓さんが3人になられたとか。いやぁ、コロナ禍等による危機というしかありませんねぇ。尚絹さんが頑張っていらっしゃるのであれば、またどこかでお会いできるかもしれませんが…。早くお薬かワクチンが登場して、インフルエンザ並みの対応になってくれればと念じております。


>コロナのお陰で、4月2日に京都に行って以来遠ざかってしまいました。
>2日に、衿変えまえのひなちゃん、梅葉さん、お母さんと湯豆腐を食べたのが最後です。
>この日に、ちえちゃんが衿替えの手伝いに来ていたそうで、入れ違いに成りました。
>
>森さんから最近聞きましたが、上七軒の舞妓が三人と成ってしまったそうです。
>恐らく市さんの三人が残って、ふみ幸ちゃんと勝貴ちゃんが辞めたのかな?
>勝貴ちゃんはコロナで実家に帰って戻らなかったのかも・・・。
>ふみ幸ちゃんは年季が明けて芸妓さんには成らのかな?
>絹ちゃんは自前さんに成って頑張っているそうです。
>梅乃のお母さんから電話が有り、絹ちゃんを宜しくとお願いされました。
>
>色々とコロナ騒ぎで有りましたが、仕込みさんが来て来年は通常に戻って欲しいです。
>今は止まっていた仕事が動き出して、京都は暫くお休みですね。
>落ち着いたら出掛けようとは思っています。
>
>先生も感染には十分に注意して下さい。