京都伏見バルで、興味深いBARを発見!

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、学校の休校・各種芸能&スポーツ大会の開催中止等、さらにはJRAが競馬場・WINSを閉鎖して競馬開催という悲しい事態(笑)になっており、この先どうなるのかと思いますが、本日はその動きの前に行われた伏見でのお酒のEVENT「京都伏見バル」の報告です。まずは「Bar LAG WAGON」での画像から。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (26)Bar LAG WAGON .JPG


「京都伏見バル」は2月22・23日の2日間、伏見の61店舗が参加するお酒のEVENTですが、行者橋が訪れたのは23日。NETでチケットを予約していたので、先ずは「黄桜」の駐車場の会場本部江へ。
2020.02.23伏見 (92)京都伏見太閤バル会場本部.JPG
この場所ではジャズの演奏もあったようです。で、チケットは1セット5枚綴りで前売り3000円(当日3500円)で、パンフレットとチケットを受け取ります。
2020.02.23伏見 (93)京都伏見太閤バルチラシチケット.JPG
実は、この日はJR桃山駅の寒桜・淀水路の河津桜の後、このEVENT前半戦と伏見酒蔵開き(お酒EVENT2連チャン)を楽しみ、淀で競馬観戦、その後、再びこのEVENT後半戦を楽しむGoldenPlanを立てていたのですが…。
2020.02.23伏見 (32)中止のプラカード.JPG
「伏見酒蔵開き(23・24日)」は開催中止という上の画像に見えるプラカードを持った係の方が、何人も京阪・近鉄の駅周辺で告知をしていらっしゃいました。ともあれ、前半戦へGO!。最初はこちら。
2020.02.23伏見 (99)京都伏見太閤バル京都大漁丼家.JPG
チケット1枚(前売りだと600円相当)でお酒1杯とお料理1点がいただけるのですが、上の画像は「京都大漁丼家」(店舗画像は割愛)でいただいた海老チリ&日本酒です。続いては「阿津満寿司」。
2020.02.23伏見 (101)京都伏見太閤バル阿津満寿司.JPG
ミニ炙り鯖寿司・京シバ漬けの磯昆布巻き&生ビールです(店舗画像は割愛)。食べ物がミニ蒸し寿司とのチョイスで、そちらも魅力的だったのですが…。伏見の街をアチコチ回って様子を確認。
2020.02.23伏見 (96)京都伏見太閤バル伏見酒蔵小路.JPG
ちなみに、上の画像は9店舗が入る「伏水酒蔵小路」の前。伏見18蔵のきき酒セット等もあり魅力的なお店なのですが、混雑必至なので今回はパス。お昼になったので、次は「そば処 伏見さらしな」(店舗画像は割愛)。
2020.02.23伏見 (105)京都伏見太閤バルさらしな.JPG
京ゆばとみぞれあんかけのおそば&日本酒。お酒がお猪口1杯で残念でしたが、お蕎麦は抜群!で、この後、淀の競馬場へと思っていたのですが、楊枝を思い出し、一旦家へ戻ることに。で、後半戦。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (32)Bar LAG WAGON .JPG
で、訪れたのが、「Bar LAG WAGON」。上の画像の2階です。まぁ、カフェBARなのですが、14時頃から開いているのが嬉しい!…ドアを開けると、こんな様子です。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (27)Bar LAG WAGON .JPG
行者橋が訪れたのは16時過ぎだったのですが、店内は実際はもっと暗かった(笑)。ウイスキーorビールの3種セット&おつまみというメニューでしたが、9種から3種だったビールをチョイス。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (24)Bar LAG WAGON .JPG
ウイスキーはシングルながら、ザ・グレンリベット12年+アベラワー12年+シーバスリーガル 18年 ゴールドシグネチャーの3種指定。いや、ウイスキーも捨て難かったなぁ(笑)。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (25)Bar LAG WAGON .JPG
店内には所狭しと洋酒のボトルが林立!…いやぁ、「リカーマウンテン」や「やまや」よりも多いんじゃないかと思う程(笑)。良く見るとボトルキープも。で、時間をかけてビールをいただいて、退店。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (28)Bar LAG WAGON .JPG
バーテンダーさんとも、アイラやバーボンをはじめ、色々なウイスキーの話をしました。いつの間にか夕暮れが迫ってきたので、最後はこちら。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (34)大進亭.JPG
「ステーキレストラン 大進亭」の特選黒毛和牛カレー&日本酒です。お昼から飲んでいるので、早めの夕食代わりという感じでいただいたのですが、とてもGOOD!店舗の外観画像がこちら。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (36)大進亭.JPG
いかにも古くからの洋食屋さんといった気配の外観ですが、店内も外観同様の趣があります。それがこちら。
2020.02.23京都伏見太閤バル後半戦 (35)大進亭.JPG
カレーと一緒に出た日本酒が妙に美味しかったので、銘柄を聞いたら「月桂冠 つき」でした。冷やし具合が良かった印象です。この類のEVENTは、新しいお店や行きたかったけど行ったことが無いお店を安い価格で偵察(笑)できるので、とても有難いと思っています。

蛇足:この日は京阪電車の「京都観光1日チケット」(800円):石清水八幡宮駅〜出町柳駅&宇治線&石清水八幡宮参道ケーブルが乗り降り自由)を利用したのですが、普通に切符で乗車した場合を計算すると1500円かかることが分かりました。随分お得でした(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

つき
2020年02月29日 00:06
楽しそう…
いつも楽しく読んでますが、今日は記事に嫉妬しました…!
2010年ごろからビールにはまって地ビールとか輸入ビールとか色々飲んでて、好きなんです。ビールの写真が羨ましく…日本酒も好きですし…
美味しいお料理とお酒!楽しすぎじゃないですか!
あー!!なんか羨ましすぎて唇かんでます笑
行者橋 渡
2020年02月29日 00:19
つき様、コメント有難うございます。伏見では「黄桜」が京都大学と手を組んで、いち早く地ビールを生産したりしましたが、「家守堂」といった新しいお店もできたりしております。伏見は日本酒もビールも楽しめて、とても良い街でございます(笑)。