難読看板あれこれ。

京都の街をチャリチャリしていると、時々気になる看板に出くわします。1つは「漢字が難しいor読めるには読めるけど意味が不明の(仮)難読パターン」、もう1つは「漢字が草書体(達筆すぎ)or隷書体等で読めない(仮)達筆パターン」です。まずは以前にもチョッとふれたことがあるのですが、二条通木屋町西入ルにある「難読」看板から。 〈ばいようし…
コメント:6

続きを読むread more