その後の千本釈迦堂の阿亀桜・水火天満宮の枝垂れ桜:2020京都桜情報⑲

2020京都桜情報⑪⑫でご紹介した桜のその後の様子を。まずは、千本釈迦堂の阿亀桜を。国宝の本堂の中から眺めた画像から。
2020.03.25桜井家上洛 (29)千本釈迦堂.JPG


既に、阿亀桜の説明等はしていますので、詳細割愛。訪れたのは25日ですが、まさに満開。こちらが、正面から見た画像。
2020.03.25桜井家上洛 (23)千本釈迦堂.JPG
こちらは阿亀桜を手前に配して、阿亀さんの像をパチリ。
2020.03.25桜井家上洛 (44)千本釈迦堂.JPG
こちらは阿亀さん像を背中にして横からの画像を。
2020.03.25桜井家上洛 (27)千本釈迦堂.JPG
ということで、もう1枚、本堂内部からの画像を。
2020.03.25桜井家上洛 (31)千本釈迦堂.JPG
この日は霊宝館の仏像等を拝観した後、帰ろうとしたら見慣れない桜がポツンと1本。
2020.03.25桜井家上洛 (37)千本釈迦堂薄墨桜.JPG
良く見ると、下に宇野千代さん命名の淡墨桜(うすずみざくら)との木札がありました。確かに、宇野千代さんは『薄墨の桜』という小説を残していらっしゃいますが。
2020.03.25桜井家上洛 (40)千本釈迦堂薄墨桜.JPG
白い花を咲かせる「うすずみ=薄墨」と同品種なのかは不明。有名な岐阜県本巣市根尾谷の淡墨桜は、江戸彼岸の古木(樹齢齢1500年以上)だったはず。
2020.03.25桜井家上洛 (45)千本釈迦堂染井吉野.JPG
で、千本釈迦堂の桜、最後は門外の上の画像の染井吉野。まだ1分咲き程度です。
2020.03.25桜井家上洛 (46)千本釈迦堂染井吉野.JPG
京都の染井吉野は、今週末あたりが満開かな。続いては、水火天満宮の枝垂れ桜。
2020.03.25桜井家上洛 (93)水火天満宮.JPG
10日前に訪れた時は、まだ数輪咲いていただけだったのですが。次は南側の鳥居越しに撮影した画像。
2020.03.25桜井家上洛 (92)水火天満宮.JPG
多くの方がカメラを手に桜を楽しんでいらっしゃいました。
2020.03.25桜井家上洛 (94)水火天満宮.JPG
10日前の画像は、上の画像の茶色いジャケットを着た方の上の軒に咲いていた花でした。薄い紅色ですが一重の枝垂れ桜です。
2020.03.25桜井家上洛 (95)水火天満宮.JPG
外の天神(扇町)公園内にも枝垂れ桜の若木がありました。
2020.03.25桜井家上洛 (100)水火天満宮.JPG
デイケアか高齢者施設のお婆ちゃん達が枝垂れ桜を愛でた後、記念撮影をされていました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント