鴨川納涼床の準備が着々と進んでいます。さて今年は…。

ここ数日、良い天気の日が続いていますが、京都の夏の風物詩である「鴨川納涼床」の準備が着々と進められています。ちなみに、「鴨川納涼床」は商標登録されており、京都府&「京都鴨川納涼床協同組合」(旧・鴨涯保勝会)が床の構造や営業時間等を細かく決めています。まずはこの画像から(全て29日に撮影)。
2020.04.29鴨川界隈 (7)納涼床.JPG


納涼床は、五条通の少し北から二条通までの鴨川右岸(西側)に流れる浅い「みそそぎ川」の上に張り出した形で設けられたお座敷です。今回は四条通から二条通までの準備の様子を。次は、四条大橋からの様子。
2020.04.29鴨川界隈 (4)納涼床.JPG
今年は21日頃には設置が始まっていましたが、上の画像奥あたりで丁度、クレーン車が工事中でした。それが最初の画像です。真横からだとこんな光景に。
2020.04.29鴨川界隈 (8)納涼床.JPG
クレーン車は上の画像左です。右奥の巨大な建物は、一瞬何だっけと思ったのですが、旧・立誠小学校跡地に建設中のホテルを含む複合施設ですね。次は三条大橋から北を撮影した画像。
2020.04.29鴨川界隈 (1)納涼床.JPG
納涼床を最も安く利用できるスターバックス・コーヒー 京都三条大橋店(上の画像左端)はまだ準備をしていませんね。続いては、三条大橋から北の御池大橋方向の様子。
2020.04.29鴨川界隈 (23)納涼床.JPG
90店余りが鴨川納涼床の用意をしているようですが、営業期間は毎年5月1日から9月30日まで(昼は5・6・9月のみ)。今年は京都府が飲食店の営業を20時まで(午前5時から:酒類提供は19時まで)と要請する緊急事態措置を決定しましたが、組合としては営業中止にはせず各店舗に任せるとか。さて、明日からどうなるのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

narahimuro
2020年04月30日 15:42
行者橋様へ
コロナ騒動で暮れる4月ですが、もう川床に季節を迎えて
いるのですね。気温や湿度が上昇すれば、コロナも消えて
くれれば良いのですが、緯度の低い地域にもコロナが流行
しているのを聞くと、複雑な思いをしています。
京都に限らず、全国的に地域の定例行事が中止になって
いるのは寂しいものです。
コロナに怯え首を引っ込んいるだけなのは情けない感じが
しますし、失業者や倒産、破産が増加すれば、タダでさえ
落ち目の日本の経済力が救い難いものになっていくようです。
スウェーデンの様に、集団的に免疫力を身に着けるやり方も
あると思うのですが。
行者橋 渡
2020年04月30日 17:11
narahimuro様、今回の新型コロナウイルスはSARSやMERSと同じような性質も持つのでしょうが、色々と違う点も多いので正体がつかめず、全世界が混乱しているのだと思います。SARSやMERS共にワクチンは開発されていないはずなのですが、今回のウイルスに有効な薬やワクチンの開発が最優先課題なんだろうなと思います。

景気・経済とのバランスは、各国とも苦労していると思いますが、ウイルスとの戦争だと考えれば、政府がもっと積極的に資金投入しても良い部分があるように思います。難しい所でしょうが…。




>
>行者橋様へ
>コロナ騒動で暮れる4月ですが、もう川床に季節を迎えて
>いるのですね。気温や湿度が上昇すれば、コロナも消えて
>くれれば良いのですが、緯度の低い地域にもコロナが流行
>しているのを聞くと、複雑な思いをしています。
>京都に限らず、全国的に地域の定例行事が中止になって
>いるのは寂しいものです。
>コロナに怯え首を引っ込んいるだけなのは情けない感じが
>しますし、失業者や倒産、破産が増加すれば、タダでさえ
>落ち目の日本の経済力が救い難いものになっていくようです。
>スウェーデンの様に、集団的に免疫力を身に着けるやり方も
>あると思うのですが。