去年の…後祭宵山の光景②@市内各地:2019.07.22。

後祭宵山の光景を続けます。まずは、黒主山(くろぬしやま)。黒主山は食べられる粽(ちまき)を最初に販売した大和して有名なのですが、こちらは食べられない厄除け用の桜の花びらがついた粽。
2019.07.22後祭 (24)黒主山.JPG


で、次は黒主山の会所の様子。ご神体の大伴黒主(おおとものくろぬし)が上を見上げています。
2019.07.22後祭 (18)黒主山★.JPG
昨年の巡行時の記事に大伴黒主の大写しをUPしています(こちらをご参照下さい)。次は駒形提灯。
2019.07.22後祭 (16)黒主山★.JPG
黒の文字の篆書体が提灯に書かれています。黒主山は謡曲『志賀』に由来する山と言われ、山に桜の木が飾られます。この花弁が、翌年の粽(最初の画像)に使われます。
2019.07.22後祭 (17)黒主山★.JPG
続いては、南観音山。北観音山同様、巨大な曳き山です。こちらは百足屋町(むかでやちょう)にありますので、提灯には百の文字が。
2019.07.23後祭駒形提灯 (70)南観音山★.JPG
次の画像の赤い部分は下水引ですが、加山又造が下絵を描いた「飛天奏楽図」。古いものもあるのですが、大体こちらが使われています。
2019.07.23後祭駒形提灯 (68)南観音山★.JPG

南観音山の画像は良いものが少ないので、同じような画像が続きますが…。反対側から、しつこく1枚。詳細は昨年の巡行時の記事をどうぞ(こちらをご参照下さい)。
2019.07.23後祭駒形提灯 (69)南観音山★.JPG
つづいては、役行者山(えんのぎょうじゃやま)。この山は山伏山同様、修験者(山伏さん)との縁が深いので、23日の午後に聖護院から山伏さんが見えて採燈護摩供(さいとうごまく)が行われます。
2019.07.23後祭駒形提灯 (80)役行者山★.JPG
巡行時の様子はこちら。続いては駒形提灯。提灯の小さな赤い印は輪宝紋です。
2019.07.23後祭駒形提灯 (83)役行者山★.JPG
そして、次の画像は採燈護摩供の後、火に投じられた檜(ヒノキ)の葉っぱの燃えカスを持って帰ろうと火の周辺に集まる方々(葉っぱは檜葉=ヒバかもしれません)。
2019.07.23後祭駒形提灯 (81)役行者山★.JPG
そして、中篇の最期は浄妙山(じょうみょうやま)。次の画像左が一来法師(いちらいほうし)、右が筒井浄妙。巡行時の2人のアクロバティックな様子はこちら。次は駒形提灯。
2019.07.22後祭 (30)浄妙山★.JPG
昔は常明山とか浄明山とも書かれたようで、ちょうちんや巡行時の舁き手の笠に「常」の篆書体の文字が書かれています。こちらは会所の様子。
2019.07.22後祭 (25)浄妙山★.JPG
上の画像右に写っているのは、平成になってから長谷川等伯筆「楓図」を原画として新調した後懸。ちなみに、前懸は長谷川久蔵・筆「桜図」。胴懸は昭和末期に新調した長谷川等伯・筆原画の「柳橋水車図」です。以上で、中篇は終わり、残るは休み山の鷹山を含めた3基です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント