「天ぷら海鮮米福四条烏丸店」で軽く一杯!

行者橋、基本的に自炊生活ですが、先日、無性に「刺身と天麩羅とお寿司が食べたい!」と思い立ち(笑)、「天ぷら海鮮 米福 四条烏丸店」に行って参りました。まずは、こちらの画像から。 「天ぷら海鮮 米福 四条烏丸店」ha、大丸京都店の東洞院通側出入り口の横の細い道を挟んだ場所にあります。次はお店の画像。「ハッピーアワー ドリンク1杯99…
コメント:2

続きを読むread more

建仁寺・放生池の蓮。

行者橋、東山図書館に行くたびに建仁寺の勅使門と三門(望闕楼:ぼうけつろう)の間にある放生池を横目に、境内をチャリチャリと通過します。7月初めから「放生池の蓮の花が咲く時期には撮影に来なきゃ」と思っていたのですが、雨続きのため結局8月7日に。少し時期外れでしたし、今では花弁がすっかり落ちているのですが(笑)。 方丈池には石橋が架かっ…
コメント:0

続きを読むread more

今年の六道珍皇寺での六道まいりは、参詣者も高野槇も少なくひそやかに行われていました。

東山の六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)では、毎年8月7~10日までの4日間、盂蘭盆会「精霊迎え“六道まいり”」(以下、六道まいり)が開かれますが、今年は「初盆をお迎えのお家に限って、おまいり可能」という形になりました。まずは「迎え鐘」を撞いていらっしゃる参詣者の画像から。 次は松原通の様子。右端が六道珍皇寺の入口で、手前の横断幕に…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:鯉山@御池通:2019.07.24。

去年の…後祭山鉾巡行の巡行順3番目は、後祭山一番の鯉山です。まずは、山の上で巨大な鯉が龍門の滝を登る豪快な勇姿を表している、こちらの画像から。 祇園祭山鉾巡行の各山鉾はそれぞれに人目を引くのですが、この鯉山はかなり目立ちます。前面に朱塗鳥居が、山の奥には朱塗の小祠を安置して素盞鳴尊を祀っています。山の上からは滝に見立てた白麻緒が下…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:北観音山@御池通:2019.07.24。

祇園祭後祭山鉾巡行の巡行順2番目は、橋弁慶山と同じく籤取らずの北観音山です。曳き山ですので巨大で真松が高くそびえます。 北観音山は、北嵯峨観空村の旧家に伝わる古文書(1353=文和2年から1747=延享4年まで真松を納めたとの内容)によって、応仁の乱の100年以上前に存在したことが知られているそうです。応仁の乱後の山鉾復興時に観音…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭山鉾巡行:橋弁慶山@御池通:2019.07.24。

去年7月に行われたブログのシステム・メンテナンスの影響で、3週間ほど画像をUPすることができず使われないままお蔵入りしていた画像に陽の目を当てる目的で、若干ムキになって(笑)50日近く続けてきた「去年の…」シリーズも、残り3回です。で、本日は祇園祭後祭山鉾巡行の橋弁慶山篇。五条大橋の上での牛若丸と弁慶の対決の場面を造形化した山で、浄妙山…
コメント:0

続きを読むread more

2020年の大文字の送り火@京都御苑。

今年の大文字の送り火は、見物客の密集で新型コロナウイルス感染拡大しないよう、大文字が6か所、妙・法・船形・左大文字が各1か所、鳥居形が2か所のみに点火ということになりました。「観る方も密集しないよう注意を!」とは言っても、今出川通の賀茂大橋近辺(鴨川デルタ)は多くの見物客が集まるだろうと思い、行者橋は京都御苑に。まずは大文字の画像から。…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…花傘巡行@寺町通他②:2019.07.24。

花傘巡行のコースは、当初、八坂神社〜四条河原町〜河原町御池〜寺町御池〜四条寺町〜八坂神社でしたが、2014(平成26)年に復活した後祭山鉾巡行のコースの関係で、コースが八坂神社〜四条寺町〜寺町御池〜河原町御池〜四条河原町〜八坂神社に変わりました。寺町御池から四条河原町の間は後祭山鉾巡行の後に連続して巡行しています。で、後半線最初の画像は…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…花傘巡行@寺町通他①:2019.07.24。

1966(昭和41)年、後祭の山鉾巡行が前祭と同日の7月17日に統合された時、後祭山鉾巡行の代替として始められたのが、花傘巡行です。その後、山鉾巡行は2014(平成26)年に後祭が復活したのですが、花傘巡行はルートを変えて続くことになりました。まずは、祇園太鼓の花傘の画像から。 花傘巡行は最初の画像のような山鉾の古い形態を再現した…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…オハケ神事@三条御供社:2019.07.23。

毎年、7月23日14時から三条通にある八坂神社の三条御供社(ごくうしゃ:四条寺町御旅所の次のお旅所の意味で又旅社またたびしゃ、とも)で「オハケ神事」が行われ、翌日の還幸祭に備えます。まずは神事に際して立てられる白幣(オハケ)の画像から。 三条御供社は三条通と黒門通の交差点北西角(御供町:おんともちょう)にあります。次の画像手前のア…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭宵山の光景③@市内各地:2019.07.22。

祇園祭後祭宵山の光景、ラストは「休み山」の鷹山のご紹介をメインに。なのですが、最初の画像は大船鉾の大舵(右面かな)と旗を。 で、鈴鹿山。この山のご神体は、鈴鹿明神(瀬織津姫神:せおりつひめのみこと)の像(174cmの木彫)。全山鉾中で唯一の美女像なのですが、画像では神面を着けているために素顔は見えません(笑)。こちらが駒形提灯。ほ…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭宵山の光景②@市内各地:2019.07.22。

後祭宵山の光景を続けます。まずは、黒主山(くろぬしやま)。黒主山は食べられる粽(ちまき)を最初に販売した大和して有名なのですが、こちらは食べられない厄除け用の桜の花びらがついた粽。 で、次は黒主山の会所の様子。ご神体の大伴黒主(おおとものくろぬし)が上を見上げています。昨年の巡行時の記事に大伴黒主の大写しをUPしています(こちらを…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…後祭宵山の光景①@市内各地:2019.07.22。

祇園祭後祭の山鉾巡行は(休み山である鷹山の唐櫃巡行を含めて)11基ですし、宵山に屋台が出たりしないので、前祭に比べ夕刻にてじっくり宵山の駒形提灯見学や会所巡りが可能です。その様子を前・中・後篇の3回に分けてご紹介。まずは、鯉山の巨大な鯉!逆巻く波の他、麻緒の瀧も一緒に飾られています。 で、前篇の最初は橋弁慶山。次の左が弁慶、右が牛…
コメント:0

続きを読むread more

現在、京都御所では高御座・怨帳台公開中です。

京都御所では8月27日まで、昨2019(平成元)年10月22日に東京の皇居宮殿で行われた「即位礼正殿の儀」で使用された高御座(たかみくら)・御帳台(みちょうだい)・威儀物(いぎもの)が公開中。今や、京都御所の一般参観は手続き不要で通年可能ですが、今回は整理券制。本日は一気に22枚UP!…まずは高御座の画像を。 整理券制度とは言え、…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…宮川町のとし七菜さん@祇園祭後祭・エコ屋台村:2019.07.22。

祇園祭後祭の宵山では歩行者天国・屋台露店は無いのですが、鯉山の南側京都芸術センターグラウンド他で22・23日に「エコ屋台村」が開催されます。その22日のオープニングイベントでは、舞妓さんが舞を披露されますが、去年は宮川町のとし七菜(なな)さんがお見えでした。 17時少し過ぎに、とし七菜さんが登場。お見世出しが 2017(平成29)…
コメント:2

続きを読むread more

去年の…神幸祭:3御座集合@八坂神社石段下:2019.07.17。

中御座が久世駒形稚児の先導で、八坂神社西楼門石段下に入ると、東若御座(子供神輿)・東御座・西御座と続き、3御座が集まって差し上げ・差し回しを行い、それぞれ異なるコースを巡幸し、四条寺町の御旅所に渡御するのですが、本日はその様子の一部を。最初の画像は東茣蓙(四若神輿会)の差し上げ。 次は、石段下に3基の神輿が集合した場面。次の画像中…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…神幸祭:三御座出御@東大路通:2019.07.17。

豊園泉正寺榊・御神宝奉持列・久世駒形稚児の行列に続いて、いよいよ神輿の登場(出御)です。まずは、中御座の画像から。重さは約2トンとか。 八坂神社の主祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の神霊をのせる中御座は、6角形の屋根の上に鳳凰が飾られます。で、次の画像のように三若神輿会(さんわかしんよかい)の皆様が奉仕されます。ちなみに中御座は…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…神幸祭:豊園泉正寺榊・御神宝奉持列・久世駒形稚児@東大路通:2019.07.17。

去年の祇園祭前祭山鉾巡行のご報告の後は、神幸祭です。神輿出御から八坂神社西楼門石段下までの様子を3回に分けて。まずは、中御座(素戔嗚尊:すさのおのみこと)を先導する久世駒形稚児の画像から。 7月17日の夕刻、東大路通の石段下から少し南に寄った「餃子の王将 祇園八坂店」を正面に見るあたりで待機していると。17時30分頃、最初に八坂神…
コメント:0

続きを読むread more

「鶴屋吉信」の“100周年記念京観世・オレンジ”は美味!

祇園祭創始1150年ということで、若干、気合を入れて撮影した去年の祇園祭の画像に陽の目を当てたいとの気持で、しつこく祇園祭関係の画像をUPし続けてきたのですが、チョッとひと休み。いや、祇園祭関係画像は後祭山鉾巡行まで続きますよ…(笑)。ということで、甘いもの! そう、“100周年記念京観世”シリーズ、“柚子”・“ほうじ茶”に続いて…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:長刀鉾のお稚児さん、鉾から下乗の場面@御池新町:2019.07.17。

行者橋、実は去年の祇園祭前祭山鉾巡行での撮影ポイントは、①四条麩屋町での長刀鉾稚児注連縄切り・②河原町三条での舞妓さん・③河原町御池での辻回し(山鉾決めず)・➃御池新町での長刀鉾お稚児さんの鉾からの下乗の4場面と決めていたのですが、これが最後です。まずは長刀鉾から下りるお稚児さんと強力さんです。 当日、行者橋は四条麩屋町(注連縄切…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:霰天神山・放下鉾・岩戸山・船鉾@御池通:2019.07.17。

祇園祭前祭山鉾巡行もいよいよ最後です。まず、「霰天神山」(あられてんじんやま:山十三番・巡行順⑳)。油天神山同様、真松の他に梅が飾られています。ただし、社殿は紙垂付きの榊と真松で隠れて見えにくくなっています。透塀の回廊がとても美し良く目立ちます。 最初の画像&次の画像では分かり難いのですが、前懸はホメロスの叙事詩「イーリアス」の中…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行:孟宗山・月鉾・山伏山・占出山@御池通:2019.07.17。

山鉾巡行の続きですが、次は夏なのに雪が降っている光景が登場する「孟宗山」(もうそうやま:山十番・巡行順⑯)です。別名「筍山」(たけのこやま)。郭巨山同様、中国の史話「二十四孝」に由来する山です。 郭巨山は母と子の命を天秤にかけて母を取った郭巨が結果として黄金を掘り当てる話でしたが、こちらは、孟宗が老母のために雪中で筍を掘り当てる話…
コメント:0

続きを読むread more

去年の…前祭山鉾巡行での祇園甲部の舞妓さん@河原町三条:2019.07.17。

今日は「八朔:はっさく」なのですが、新門前通の朝は静かでしたので、前祭山鉾巡行関連ではありますが、チョッと目先を変えて舞妓さんの話題を。巡行時、各山鉾の役員が河原町三条で粽を渡し、代わりに(おそらく)清酒を舞妓さんが受け取る場面があります。こちらの画像から。 最初の画像左から亜佐子さん・まめ樹(じゅ)さん・槇沙子(まさこ)さん。と…
コメント:0

続きを読むread more