供託金も課税されるんですね!:本庶佑・京都大学特別教授の記念碑にこと寄せて。

先日(9月16日)、本庶佑(ほんじょ たすく)・京都大学特別教授(以下、本庶教授)の功績を讃える記念碑の除幕式が行われたという情報を耳にしましたので、早速、京都大学医学部までチャリチャリ。まずは記念碑の本庶教授の似顔絵から。
2020.09.17本庶佑記念碑 (18).JPG


言うまでも無く、本庶教授はご自身の研究チームの発見を基に癌免疫治療薬「オプジーボ」(商品名)等を開発したことで、一昨年、ノーベル医学・生理学賞を受賞した方です。次は近衛通から見た京都大学医学部正門。
2020.09.17本庶佑記念碑 (29).JPG
正門を入るとすぐの守衛室の手前に記念碑があります。
2020.09.17本庶佑記念碑 (25).JPG
こちらが正面から見た記念碑(高さ約1.65m、幅約1.9m)。積み上げられた3冊の本の上に1冊の本が広げられているデザインです。
2020.09.17本庶佑記念碑 (15).JPG
記念碑の設計は建築家・安藤忠雄氏(碑板面のデザインはBlake Thompson氏)とのこと。本庶教授とは30年以上の親交があるそうです。見開きの左ページには、最初の似顔絵とノーベル賞受賞理由になった免疫抑制分子「PD―1」の発見についての説明等が。
2020.09.17本庶佑記念碑 (16).JPG
右ページには、研究の歩みや「教科書を疑え すべてを信じると発見はない」等の語録が記されています。
2020.09.17本庶佑記念碑 (17).JPG
本庶教授と言えば、米製薬会社からの特許使用料の配分を巡り、「オプジーポ」の製造元・小野薬品に約226億円の支払いを求めて今年6月に大阪地裁に提訴していたことが報じられました。
2020.09.17本庶佑記念碑 (14).JPG
で、最近、小野薬品工業が支払った特許使用対価(供託金)に関して、2018年までの4年間で約22億円の申告漏れを大阪国税局から指摘されていたことも報じられました。行者橋、係争中の供託金の仕組みは承知していましたが、課税されるとは思ってもいませんでした。世の中、知らない事ばかりです(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

narahimuro
2020年09月30日 00:40
行者橋様へ
 現在、日本の国公立大学は基礎科学部門の予算削減
が続き、学部や院の研究費の工面に苦労している状態です。
大学自体も毎年1%ずつ予算が削減されて行き、真綿で首を
絞めるような高等教育行政が通年化しています。
本庶特任教授も山中教授も研究費の捻出に苦労されているようです。
特許の対価で研究費の増額や研究生の待遇改善を考えて、敢えて、訴訟を
起こされたのでないかと思っています。
米国ハーヴァード大学は多くの民間企業から寄付を集めて
世界的な業績を挙げています。
 話は変わりますが、今年のノーベル医学生理学賞の候補に京大医学部や
薬学部出身の方が候補に挙がっていると言われていますが、
実際、受賞されてコロナで憂鬱な毎日を送っている日本の皆様に
明るい話題を提供される事になれればいいのですが。


行者橋 渡
2020年10月02日 12:15
narahimuro様、コメント有難うございます。行者橋も大学の現状が大変だということは、しばしば耳にします。本庶教授の訴訟も、narahimuro様のご指摘の通りだと思います。山中教授も京都マラソンに参加されたりしてご苦労されています。

10月1日、菅義偉首相が日本学術会議の推薦した同会議の会員候補者105名のうち6名の任命を拒絶し、残りの99名のみ任命した、という報道がありました。学問の自由を侵す措置だと思われますが、政府の強権的な姿勢がますます明瞭になってきた感じです。