今月の「米村」さん:2020年9月。

9月も今日で終了ですが、新門前通の「米村」さんの店頭ディスプレイのご紹介を。 新型コロナウイルス感染の拡大で一時お休みをしていた「米村」さんですが、5月半ばに完全予約制で再開し、8月にはディスプレイも変わっていたのですが、トロトロしているうちに撮影し忘れました。上の画像はお店の方が開店準備をしている場面です。なお、手すりの横の木も…
コメント:0

続きを読むread more

前田又吉像&伊藤博文像@京都ホテルオークラ。

「京都あれこれ・銅像他」シリーズの第2弾は、前田又吉(まえだ またきち)像&伊藤博文像です。伊藤博文はともかく、前田又吉は余り馴染みの無い名前ですが、簡単に言うと「京都ホテルオークラ」の創業者です。まずは2人の胸像の画像から(左:前田又吉像、右:伊藤博文像)。 場所は京都ホテルオークラの敷地の北部分、姉小路通(あねやこうじとおり)…
コメント:0

続きを読むread more

供託金も課税されるんですね!:本庶佑・京都大学特別教授の記念碑にこと寄せて。

先日(9月16日)、本庶佑(ほんじょ たすく)・京都大学特別教授(以下、本庶教授)の功績を讃える記念碑の除幕式が行われたという情報を耳にしましたので、早速、京都大学医学部までチャリチャリ。まずは記念碑の本庶教授の似顔絵から。 言うまでも無く、本庶教授はご自身の研究チームの発見を基に癌免疫治療薬「オプジーボ」(商品名)等を開発したこ…
コメント:2

続きを読むread more

今日、9月20日は。

女房の命日(2007=平成19年)なので、百合の花をUPいたします。 亡くなる前に「お墓や仏前には百合を供えるように」と言い残しましたので、普段から百合の花は欠かさないようにしています。今年は墓参りで東京に戻ることも控えましたので、京都で遺影に手を合わせました。細長い花瓶に生けた花がまだ咲いていませんが(笑)。 話は変わりま…
コメント:2

続きを読むread more

再開した百万遍の手づくり市に行ってみました!:2020年9月15日。

百万遍(知恩寺)の手づくり市が7月に再開されるという情報は行者橋の耳にも届いていたのですが、7・8月は暑さのためパス。少し涼しくなったのでチャリチャリと行って参りました。まずは「ままや」の色鮮やかなママンチュ-ル(造語です)の画像から。 今出川通に面した入り口は、1662(寛文2)年に建立された総門 (南側)。百万遍手づくり市開始…
コメント:0

続きを読むread more

銅駝会館前の飛び出し坊やは全力疾走!…(笑)。

京都に限らず全国のお子達が良く通るエリアでは「飛び出し坊や」(の看板)を結構目にします。で、行者橋がお水をいただきに通う銅駝(どうだ)会館のそばには、面白い飛び出し坊や&飛び出しお嬢があります。まずは、全力疾走する(笑)飛び出し坊や! で、こちらがペアになっている飛び出しお嬢。飛び出し坊やは滋賀県八日市市(現・東近江氏)で生まれた…
コメント:0

続きを読むread more

建仁寺塔頭・大中院のウツクシマツと花等を。

四条通から花見小路通に入り、そのまま南に進むと建仁寺北門に突き当たりますが、その手前左に大中院(だいちゅういん)というお寺があります。その門の左右には2種類の松が植えられているのですが、左側の松がひときわ異彩を放っています。 次が大中院を正面から見た画像。右側の松には後程サラッと触れることにして、本日は左側メインです。左側の松はア…
コメント:0

続きを読むread more

中井弘像@円山公園…「明治の怪傑・奇人・滑稽家」だそうですが(笑):京都の銅像他。

お坊さんの銅像を除くと、京都には東京に比べて銅像・胸像等が案外に少ない印象がします。歴史的・政治的背景の違いに由来するのでしょうが、特に近代の歴史的人物の銅像等はそう感じます。で、今回は円山公園にある中井弘(なかい ひろむ・ひろし)像の話題です。人名事典類が信用できず、色々と難しいのですが。まずは、こちらの画像から。 場所は、四条…
コメント:0

続きを読むread more

河原町夷川角のビルが妙に気になって…(笑):京都の近代建築№34。

野菜のお値段が下がらないので、このところ「京野菜処 叶屋 御所南店」(こちらをご参照下さい)に通うことが多いのですが、その行き返りに河原町通と夷川通の交差点の北西角で見掛ける白いビルが妙に気になって、撮影!…ですが、まずは建物の1階角の上部にある「仁丹」の琺瑯(ほうろう)町名看板の画像から。 この特徴的な「仁丹」の琺瑯町名看板(以…
コメント:0

続きを読むread more