清水寺の紅葉:2020年京都紅葉情報⑮・2020.11.20。

清水寺本堂屋根の工事が終わり、覆いが取れたとのことだったので、37期紫のRi-tan(仮名)ご夫妻をお誘いして紅葉を楽しみに行ってきました。まずは、やっぱりこの光景でしょう。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (108)清水寺.JPG


檜皮葺きの屋根は50年ふりに葺き替えられたそうですが、最初の画像に写っているように舞台にはまだ白いカバーが掛かっており、12月3日から舞台も全面開放されます。次は舞台手前から下を見た画像。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (93)清水寺.JPG
上の画像中央左奥にある子安の塔を大写ししたのが次の画像ですが、周辺も紅葉です。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (100)清水寺.JPG
舞台の先端にはまだいけないので、早々に本堂を離れて地主神社入口方向へ。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (102)清水寺.JPG
釈迦堂・阿弥陀堂前を経て、奥の院へ。次の画像は、舞台造りの木組みと舞台の様子が分かり易いと思います。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (106)清水寺.JPG
子安の塔の方向には向かわず、秘かに(笑)引き返して音羽の滝への階段を降りることに。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (109)清水寺.JPG
音羽の滝は水を汲む長い柄杓が取り払われているので、観光客はもっぱら記念撮影のみ。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (111)清水寺.JPG
振り返ると、舞台造りを修理するための足場がまだ組まれていましたが、ここにも紅葉が。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (110)清水寺.JPG
そのまま仁王門の方向に帰り道をとると、こんな光景が。行者橋、割合好きな道筋です。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (116)清水寺.JPG
十一重石塔の前にも美しい紅葉が。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (121)清水寺.JPG
で、振り返ると三重塔が。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (130)清水寺.JPG
次は池を配した画像ですが、池が濁っていて紅葉が映えませんでした(笑)。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (127)清水寺.JPG
そして、清水道を登ったので、帰りは茶わん坂から五条坂交差点に向かったのですが、次が行者橋の好きな、茶わん坂に続く急坂。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (131)清水寺.JPG
ということなのですが、忘れていました。本堂には「今年の漢字」の投票箱が設置されていましたので、Ri-tanご夫妻&行者橋も応募しておきました。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (95)清水寺.JPG
13日の発表が楽しみです(笑)。最後は、お約束の記念撮影。背景を三重塔にするか本堂にするかで迷ったのですが、やはりこちらを。
2020.11.2037期紫大澤ご夫妻上洛 (107)清水寺.JPG
清水寺は2008(平成20)年から9つの堂塔を対象にした「平成の大修理」を実施してきたのですが、間もなく完了です。ただし、新型コロナウイルス感染拡大のため、全山での落慶法要は来年秋になるそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント