鎧着初式@上賀茂神社:2020年11月23日。

毎年11月23日、上賀茂神社では大人・子供が手作りの鎧を着けてパレードの後、本殿でをする「鎧着初式」というEVENTが行われます。少し前のことになりましたが、本日はその様子を。まずは、こちらの画像から。
2020.11.23上賀茂神社 (63)鎧着初式.JPG


主催者は「鎧着初式実行委員会」となっていますが、実際には京都・西陣(黒門通一条上ル弾正町)にある「鎧廼舎(よろいのや) うさぎ塾」という鎧兜作りの工房のようです(一般社団法人よろいのや)。次は、出発時刻(12時30分)の少し前の準備の様子。
2020.11.23上賀茂神社 (15)鎧着初式.JPG
三の鳥居奥の庁屋(ちょうや:北神饌所)が着替えの場所になっていました。、次の画像の建物が庁屋です。
2020.11.23上賀茂神社 (17)鎧着初式.JPG
定刻の12時30分に行列が三の鳥居をくぐって、ならの小川の沿って移動し、改めて一の鳥居から二の鳥居に向かいます。
2020.11.23上賀茂神社 (28)鎧着初式.JPG
「うさぎ塾」の説明では、この鎧着初式は「平安時代、賀茂次郎(源義綱=源頼義の次男)の元服や鎧を新調した際に斎行」された儀式とありました。次は、一の鳥居から二の鳥居に向かう行列の様子。
2020.11.23上賀茂神社 (55)鎧着初式.JPG
なお、Wikipediaには、鎧着初は「武家の男子が13、14歳に達した時に初めて鎧(具足:ぐそく)を着用する儀式。具足始とも」とありました。行列の様子を続けて5枚。
2020.11.23上賀茂神社 (59)鎧着初式.JPG
2020.11.23上賀茂神社 (61)鎧着初式.JPG
2020.11.23上賀茂神社 (62)鎧着初式.JPG
2020.11.23上賀茂神社 (64)鎧着初式.JPG
2020.11.23上賀茂神社 (66)鎧着初式.JPG
最初の画像も、この時のものです。で、こちらが最後の方。
2020.11.23上賀茂神社 (68)鎧着初式.JPG
で、次は二の鳥居をくぐる時の様子。
2020.11.23上賀茂神社 (69)鎧着初式.JPG
そのまま、土舎(つちのや)に集合してお祓いを受けます。
2020.11.23上賀茂神社 (72)鎧着初式.JPG
勢揃いした様子を正面から。
2020.11.23上賀茂神社 (74)鎧着初式.JPG
その後、普段は縄が掛けられている玉橋(太鼓橋)の縄が外されて、そこを通って本殿に向かいます。次の画像右端には新郎新婦が。
2020.11.23上賀茂神社 (78)鎧着初式.JPG
「うさぎ塾」は、鎧師直伝の伝統手法を指導しておられる「等身大の鎧兜作り」の稽古ができる専門工房で、自分用のみならず、親子での鎧作りや孫用に作る方もいらっしゃるとか。女性の方が多く学びに見えるそうです。次は、母娘かな。
2020.11.23上賀茂神社 (85)鎧着初式.JPG
皆様、覆面(ふくめん)をしていらっしゃっておりますが、烏帽子は被ったり被って無かったりです。
2020.11.23上賀茂神社 (97)鎧着初式.JPG
外国の方らしい武者もいたように思います。一行は、楼門をくぐり、本殿に向かいます。
2020.11.23上賀茂神社 (114)鎧着初式.JPG
この後、本殿にて神事を行い、御所殿での「着初めの儀」でお子達に授けられるそうです。今年は13回目とか。最後には勢揃いして記念撮影もあるようですので、来年は後半戦の撮影を考えようかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント