知らなかった!…蝋梅の真実&素心蝋梅:附・十月桜@京都御苑。

三十三間堂での「初観音」の時に十月桜を目にしたので、「京都御苑の十月桜の様子はどんな感じかなぁ」と思い、買い物のついでに寄り道。ではあるのですが、最初は今まで真実を知らなかった蝋梅(ろうばい)の画像です(笑)。 京都御苑に蝋梅があるらしいとは聞いていたのですが、実は今まで特に深い興味も持たず場所も知りませんでした。が、環境省のHP…
コメント:0

続きを読むread more

「鶴屋吉信」の“100周年記念京観世・珈琲”はコーヒーの味が…。

「鶴屋吉信」の“100周年記念京観世”シリーズの最後・“珈琲”なのですが、実はUPするかどうか、かなり迷いました(笑)。理由は最後に記しますが、まずは、この画像から。 パッと見、通常の「京観世」と変わりない印象に感じたのですが、通常のものは周りの村雨餡がやや白いのです。*上の画像は「鶴屋吉信」のHPから転載させていただいています。…
コメント:0

続きを読むread more

十月桜・木瓜・水仙@三十三間堂。

初弘法も初天神も中止になりましたので、華の話題等を。三十三間堂の「初観音」の時、「ジュウガツザクラ(十月桜)は咲いているだろうなぁ」と思いつつ向かったのですが、予想通りしっかり咲いていました。まずはその画像から。 「初観音」の日程は毎年変化するのですが、今年は花が多かったように思います。場所は駐車場の西北隅にある休憩所のそばです。…
コメント:0

続きを読むread more

上賀茂神社の絵馬等を。

1月16日に武射神事を拝見する前に、上賀茂神社で見かけた絵馬等を少々。まずは、楼門前に置いてあった牛のモザイク作品の画像から。 奉納された作者の外村まゆみさんは、北山で石・ガラス・タイルでモザイク作品を作る教室を開いていらっしゃるようです。それはともかく、次は1628(寛永5)年に建造された細殿(拝殿です)前の光景。 細殿は結婚式…
コメント:0

続きを読むread more

大失敗!…三十三間堂で「弓道上達特別祈願祭」を見逃す!:2021年1月17日。

毎年、かつての成人の日である1月15日に最も近い日曜日は三十三間堂が無料公開され、「通し矢」の伝統を受け継ぐ「三十三間堂大的全国大会」(以下、大的大会)と「楊枝のお加持:やなぎのおかじ」が催されます。今年は大的大会が中止と告知されていたので、お堂の仏像を拝見して楊枝のお加持を受けに行こうと思い、GO!まずは、楊枝のお加持の画像から。 …
コメント:0

続きを読むread more

武射神事@上賀茂神社(ただし、最初の鏑矢だけ:笑):2021年1月16日。

毎年1月16日に上賀茂神社(賀茂別雷神社)で行われる武射神事(むしゃしんじ:*注参照)ですが、「今年はどうかな」と思っていたら、上賀茂神社・小笠原流弓馬術礼法・小笠原教場(以下、小笠原流)のHP共に中止の告知が無かったので、「行って中止だったら初詣ということで…」と思いながらGO!…最初の画像はこちら。 上賀茂神社のHPには、武射…
コメント:0

続きを読むread more

吉祥院天満宮の牛:2021年1月14日。

今年最初のブログが北野天満宮の絵馬・撫牛でスタートしましたので、他の天満宮の絵馬や牛を追っかけてみようかと思い、菅原院天満宮をUPしてみましたが、本日は吉祥院天満宮です。まずは、最近話題になっている「金のなで牛・くぐり牛」を。 京都駅の南西にある吉祥院天満宮は、JR西大路駅から西大路通を南に15分ほど歩いて十条通との交差点のすぐそ…
コメント:0

続きを読むread more

「出世えびす祭@粟田神社出世恵美須神社」の光景:2021年1月10日。

1月15日の「百万遍の手づくり市」が開催中止という背景もあるのですが、「京都ゑびす神社の十日戎」・「八坂神社北向蛭子社の祇園のえべっさん」と続けば、「粟田神社出世恵美須神社の出世えびす祭」(1月9日~11日)を欠かす訳にはいかないので、まずはこちらの画像から。 この大笑いの恵美須神は、何回拝見しても心がほっこりしてきますねぇ。続い…
コメント:0

続きを読むread more

「祇園のえべっさん@八坂神社北向蛭子社」の光景:2021年1月10日。

例年なら「祇園のえべっさん」(1月9・10日)には、八坂神社の北向蛭子社に大勢の参拝客が訪れ、9日午後に八坂神社石段下から四条烏丸間を往復する「えびす船巡行」も今年は取り止め。ということで、まずはこちらの画像から。北向蛭子社は、四条通に面した西楼門から入って右に回り込むようにして本殿に向かう時の曲がり角(次の境内図の赤枠内)にあります。…
コメント:0

続きを読むread more

「十日ゑびす大祭@京都ゑびす神社」の光景:2021年1月9日。

大和大路通の四条通から少し南に下がった所の「京都ゑびす神社(恵美須神社)」の「十日ゑびす大祭(初ゑびす)」は1月8日~12日の5日間開催されます。本日は例年とかなり様相が異なる、その様子を。まずは、こちらの画像から。 例年は 祭典(神事)の他に、東映太秦映画村の女優さんの宝恵かご社参(8・9日)・湯立て神楽神事と餅つき神事(8日)…
コメント:4

続きを読むread more

白昼堂々(笑)、またまた日本酒飲み比べ会!@「おうちごはん中島家」:2020年12月16日・後篇。

「おうちごはん中島家」での昼飲み会報告、後篇です。最初の画像は最後の方に出てきたアテの「子持昆布のお寿司」。行者橋、数の子も好きなのですが、それ以上に子持昆布が大好きなのです。痛風予備軍なんですけどね(笑)。 後篇最初のお酒は、長野・佐久市「古屋酒造店」の〈深山桜 純米吟醸 2BY生原酒 和和和〉です。このお酒は古門前通の「和○輪…
コメント:0

続きを読むread more

白昼堂々(笑)、またまた日本酒飲み比べ会!@「おうちごはん中島家」:2020年12月16日・前篇。

昨年の話ですが、行きつけのお店「おうちごはん中島家(なかしまや)」のAiちゃんから「また、お昼の日本酒会をやります。今度は美女3人と一緒になりますが、いらっしゃいませんか」という連絡が…。ということで、まずは美女お3方の画像から。 段取りは前回(11月24日)と同じで、美味しい日本酒とAiちゃんのお料理が次々とサーブされます。最初…
コメント:0

続きを読むread more

菅原院天満宮の牛:2021年1月4日。

京都市内にある「天満宮」と名のつく神社を順番に参拝する「洛陽天満宮二十五社順拝」という風習があったそうですが、現在では所在不明あるいは消滅した天満宮もあるとか。で、菅原道真没後950年にあたる幕末の1852(嘉永5)年に挙げられた中の1つ、菅原院天満宮の牛の画像から。 金色に輝く梅鉢紋が眩しい(笑)。で、菅原院天満宮は烏丸通の今出…
コメント:2

続きを読むread more

お正月の「米村」さん・夜バージョンをメインに:2021年1月。

新門前通の超高級レストラン「新門前 米村」(以下、「米村」)さんの店頭ディスプレイは2週間前にUPしたばかりですが、クリスマスが終わったらすぐお正月モードになりましたので、今回は夜バージョン・メインでご紹介!…まずは、行者橋の好きな仏手柑の画像から。 こちらがお店の外観。次の画像には写っていないのですが、後日、入り口左の松の木に紅…
コメント:0

続きを読むread more

あけまして おめでとう ございます!…丑年なので、北野天満宮の牛を。

2021(令和3)年・辛丑(かのとうし)の年が明けました。昨年は新型コロナウイルス感染症の拡大で、予想もしない1年になってしまいましたが、今年もよろしくお願いいたします。新年最初の画像は北野天満宮楼門に掲げられた絵馬を。 丑年ということで、以下は北野天満宮の様々な牛の像を。次は、確か、菅原道真の母「伴真成の娘」を祀る伴氏社(ともう…
コメント:0

続きを読むread more