緊急事態宣言下の節分・平安神宮の節分大火焚神事篇➀:2021年2月3日。

「緊急事態宣言下の節分シリーズ」は今回の第4弾・平安神宮の節分大火焚神事(以下、お火焚き)篇で最後ですが、今年は聖護院の採燈護摩供も拝見せずに終わりましたので、チョッと丁寧に画像多め、11枚ずつ3回に分けてUPします(笑)。まずはこちらの画像から。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (29).JPG


このお火焚き、実は開始予定が2月2日15時30分だったので、行者橋が護王神社から全力でチャリチャリと平安神宮に到着した時、無情にもこんな立て看板が(泣)。
2021.02.02平安神宮 (50).JPG
確かに、この日の午後は急に冷たい風が吹いてきておりました。ということで、仕切り直し。3日の15時15分頃、再び平安神宮へ。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (2).JPG
青空が美しい。次は大極殿(拝殿)側から応天門(神門)方向を見た画像。前日にはお火焚き壇に掛けられていたカバーも取り外されて、スタンバイOK。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (5).JPG
で、定刻になると大極殿から神職の皆様が登場。御幣・御神火(2箱)を持った方も見えます。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (8).JPG
応天門側に神職の皆様が移動されて、いよいよ神事開始です。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (10).JPG
最初に御神火の箱を大極殿側に移します。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (12).JPG
その後、神職のお1人がお火焚き壇・お火焚き串等を次々とお祓いしていきます。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (14).JPG
そして、御神火を2本の大松明に移します。チョッと油っぽい臭いが漂ってきましたので、大松明の先に灯油を浸み込ませていたのでしょう。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (18).JPG
無事、火が移ってお火焚き壇に点火です。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (23).JPG
最初に応天門(南)側から、その後大極殿(北)側からお火焚き壇の奥に火を移します。すぐに煙が立ち上ってきます。
2021.02.03平安神宮の節分大火焚神事 (25).JPG
ということで、最初の画像に続くのですが、第①弾はここまで。第②弾は明日UPします。

この記事へのコメント