今月の米村さん:雛祭も近くなってきましたので。

超高級レストラン「新門前 米村」(以下、「米村」)さんの店頭ディスプレイですが、立春過ぎにはお正月バージョンが終了して「雛祭」に変わりました。 こちらがお昼のお店の外観。そして、夜バージョン。続いても夜バージョン。上の画像の掛け軸がこちら。3匹の鬼をしたから続けて。3枚目の画像の黄鬼が小さいのは右側の金棒も一緒に撮影したためですが…
コメント:0

続きを読むread more

冬の鳥たち①:何故か、鴨川運河に小鷺が集合。

毎年冬になると、京都では鴨川や鴨川運河の護岸等の工事は行われるのですが、1月半ば、川端二条近くの鴨川運河に珍しくコサギ(小鷺)が集合していました。まずは、1羽の小鷺の大写し。 良く見掛ける鷺の種類としては、ダイサギ(大鷺)・チュウサギ(中鷺)・小鷺・アオサギ(青鷺)・ゴイサギ(五位鷺)等が有名ですが、小鷺は長い嘴(くちばし)が黒く…
コメント:2

続きを読むread more

尚絹さん・勝貴さんの「上七軒献茶ノ儀」@北野天満宮梅花祭。

実に久し振りの舞妓さん・芸妓さんの話題です。前の記事がいつのことだったか忘れるくらい(笑)。北野天満宮の祭神・菅原道真の命日の2月25日の梅花祭に行われた上七軒の尚絹さん・勝貴さんによる献茶ノ儀の様子を。まずは芸妓の尚絹さんの画像から。 例年なら、梅花祭では豊臣秀吉が催した北野大茶会にちなんだ上七軒歌舞会の芸妓さん・舞妓さんによる…
コメント:2

続きを読むread more

五大力尊仁王会餅上げ奉納・女子の部@醍醐寺:2021年2月23日。

2年ぶりに醍醐寺の五大力尊仁王会餅上げ奉納を拝見しに行って参りました。今年は女子の部が5名、男子の部が15名と少数で開催されるとのことでしたが、女子の部の開始時刻(12時30分)少し前に到着。まずはこちらの画像から。詳細は後で。 本堂正面前にはお馴染みの大きな紅白のお餅が勢揃い!今年は四角いお餅がありませんでした。例年通り、最前列…
コメント:0

続きを読むread more

街中の紅梅・京都御苑の紅梅。

10日前に京都の街中の白い梅をUPしましたが、本日は紅梅を。まずは古門前通の小さなホテルの玄関前に咲いていた紅梅。 このグループのホテルは三条通の南北に3軒集まっています。次が玄関前の全景。続いては花の大写し。続いては、白川に架かる狸橋の南の高級料理店の玄関先にあった鉢植えの梅。チョッと光線が煌(きら)めいた画像になりました。幹の…
コメント:0

続きを読むread more

ピンクの京都タワー&ピンクの3つ葉TAXI。

もう1週間前のことになりますが、2月13日に京都駅近くで映画を観た後、駅前のバス停で待っていた時、ふと見上げると京都タワーがピンクに染まっていました。 京都タワーは色々なEVENTやキャンペーンの時に色が変わりますので、その変化自体は珍しくは無いのですが、「ピンクリボンの日は確か秋のはず、今日は何だろう」と思いつつ、バスに乗車。バ…
コメント:2

続きを読むread more

淀水路の河津桜:京都桜情報2021①・2月14日。

2月初め、淀水路の河津桜が咲き始めましたという情報を小耳に挟みましたので、そろそろ少しは見頃の木もあるかなと思い、14日に出かけてきました。まずはメジロ(目白)と河津桜の画像から。 京阪線淀駅から徒歩10分弱。線路沿いの橋から水路を眺めたら、まだほとんど咲いていませんでした。次は、その中で珍しくかなり多く咲いていた木の画像。大島桜…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言下の節分・平安神宮の節分大火焚神事篇③:2021年2月3日。

「平安神宮の節分大火焚神事」報告第③弾の最初の画像はこちら。長いL字形の鉄の棒で井桁を崩している場面です。 次は途中で応天門を通してお火焚きを撮影した画像。再び、近づいて祝詞奏上を続ける神職の方を大写し。そうした中、係の方が次々と井桁(いげた)を崩すのですが、その度に新しい空気の流れができるので炎が上がったりします。風向きを考え、…
コメント:0

続きを読むread more

再び、56期緑の卒業生の「月本ちしほ展@ギャラリーモーニング」を訪れる。

昨年1月に三条通岡崎広道(南西)の「ギャラリーモーニング」で個展を開いた、56期緑で綾部市在住の画家・月本ちしほから「2月13日(土)から21日(日)に、また個展を開きます。13日は在廊予定です」とのメールが来たので、初日にチャリチャリ。最初は作品「君のいた夏」。 昨年の様子や個展の会場等に関する情報は、昨年のブログ(こちら)をご…
コメント:2

続きを読むread more

緊急事態宣言下の節分・平安神宮の節分大火焚神事篇②:2021年2月3日。

平安神宮の節分大火焚神事のご報告第②弾は、お火焚き壇への点火直後からです。最初の画像はこちら。 点火直後は若干黒煙が混じっていましたが、すぐに白煙に変化しました。神職の方が祝詞(のりと、だと思います)を読み上げ始めます。お2人が同じものを読み上げているのか、続き物になっているのかは不明です。次は応天門を背景にして撮影した画像。最初…
コメント:0

続きを読むread more

京都の街中の梅:2021年2月前半。

節分の話題(まだ完結はしてません:笑)が続き、京都御苑の梅の記事以降、京都の梅情報が途絶えておりました。少し時間が経ちましたが、2月初めの街中の梅をメインに。まずは白川の石橋(ちなみに、お馴染みの行者橋=別名・一本橋ではありません)を背景にした白梅。 で、こちらは聖護院の赤鬼を撮影した時に見掛けた白梅。宸殿前に宇賀弁財天・山王権現…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言下の節分・平安神宮の節分大火焚神事篇➀:2021年2月3日。

「緊急事態宣言下の節分シリーズ」は今回の第4弾・平安神宮の節分大火焚神事(以下、お火焚き)篇で最後ですが、今年は聖護院の採燈護摩供も拝見せずに終わりましたので、チョッと丁寧に画像多め、11枚ずつ3回に分けてUPします(笑)。まずはこちらの画像から。 このお火焚き、実は開始予定が2月2日15時30分だったので、行者橋が護王神社から全…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言下の節分・護王神社の赤鬼&青鬼篇:2021年2月2日。

緊急事態宣言下の節分シリーズ第3弾は護王神社篇です。例年なら護王神社を訪れることはほぼ不可能なため、今年は得難い体験する結果になりました(笑)。まずはこちらの画像から。青(BLUE)の鬼もいますので、色通りなら「赤鬼・緑鬼」ですが、神社側の告知に従い「赤鬼・青鬼」としておきます。 まぁ、青葉や青物のように昔から日本人は「緑」を「青…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言下の節分・聖護院の赤鬼篇:2021年2月1日&2日。

須賀神社の懸想文売りさんを取材に行った時、今年の聖護院では2月2日に山伏追儺式(13時)・厄除開運採燈大護摩供(15時)・古札焼き(18時)と3つの行事が行われ、豆まきは無いと知ったのですが、まぁそれじゃぁ準備の様子と梅の状況でも…と思い、立ち寄ったら、あらら赤鬼さんが! こちらが2月1日の厄除開運採燈大護摩供の準備の画像。訪れる…
コメント:0

続きを読むread more

緊急事態宣言下の節分・須賀神社の懸想文売り篇:2021年2月2日。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う2回目の緊急事態宣言が出されたので、今年の節分は多くの寺社の行事が軒並み「中止あるいはかなりの縮小」となっていますが、その中で実施されていた行事をいくつかシリーズでご紹介。まずは須賀神社の「懸想文売り:けそうぶみうり」さん。 須賀神社はこれまでに何回かUPしてきましたが、春日北通(*注参照)に面し…
コメント:0

続きを読むread more

梅林の梅、宗像神社北側の梅@京都御苑。

今年は今日(2月2日)が124年ぶりに節分なのだとか。それにちなむ訳でも何でもないのですが(笑)、京都御苑の「梅」情報です。まずは、宗像神社の北側に並んで咲く紅梅・白梅の内、紅梅の画像から。 で、ここからは梅林の様子を。まずは白梅。梅林全体で言うと、まだ「あちらに紅梅、こちらに白梅」という感じでポツポツ咲いている感じです。上の画像…
コメント:0

続きを読むread more

本日は亡き女房の誕生日ですので。

「お墓や仏壇には白い百合の花を。菊なんて嫌だからね」と言い置いて亡くなった女房のために、行者橋、普段から欠かさないように部屋に供えているのですが、本日は外に置いて撮影してみました。 本来なら古稀を迎えるはずなのですが、もう亡くなって14年になります。時の経つ速さを感じます。本日はこの1枚のみで。
コメント:2

続きを読むread more