枝垂れ桜@白川南通:京都桜情報2021⑨・3月17日 。

京都では3月16日にソメイヨシノ(染井吉野)の開花宣言が出されましたが、白川南通の「かにかくに碑」のそばに植えられている枝垂れ桜が見頃になってきましたので、その様子を。まずは、花の大写しから。
2021.03.17白川南通の枝垂れ桜 (11).JPG


白川南通と言えば、やはり「かにかくに碑」ですが、こちらがその光景。
2021.03.17白川南通の枝垂れ桜 (2).JPG
次は一番西側に植えられている若い枝垂れ桜。
2021.03.17白川南通の枝垂れ桜 (10).JPG
次第に東の巽橋方向に移動していきます。次の画像手前の桜は、支えが必要になって来たようです。
2021.03.17白川南通の枝垂れ桜 (7).JPG
17日には手入れをする方がいらっしゃいました。
2021.03.17白川南通の枝垂れ桜 (5).JPG
次は最初の画像とほぼ同じ位置から、15日に撮影したもの。
2021.03.015白川南通の枝垂れ桜 (30).JPG
枝垂れ桜は次のような光景が似合いますよね。
2021.03.015白川南通の枝垂れ桜 (32).JPG
次は西の繩手通に架かっている大和橋から撮影した画像。奥が巽橋です。
2021.03.17白川南通の枝垂れ桜 (12).JPG
次は大和橋そばで咲いていた染井吉野。
2021.03.17白川南通の染井吉野 (15).JPG
今年の開花宣言(3月16日)は平年より12日早く、結構、宣言が早かった昨年よりも6日早いそうで、1953(昭和28)年の統計開始以来、最も早い開花宣言とのこと。で、最後はこちら。
2021.03.015白川南通の枝垂れ桜 (28).JPG
上の画像は15日の枝垂れ桜です。枝垂れ桜の方が可憐ですね(笑)。

この記事へのコメント

元京都市民
2021年03月18日 18:26
今年は落ち着いて
桜ライトアップを
楽しめると思っていたのに
中止が本当に残念です。
コロナが憎い。
これからも桜情報
楽しみにしています。
行者橋 渡
2021年03月18日 22:50
元京都市民様、コメント有難うございます。
今年は北野をどり・都をどりに続いて、葵祭も中止になり、悲しいことです。早く諸行事が復活することを願い、今日この頃です。

コロナ禍の下、梅・桃・桜をはじめ次々と花が咲き、少しだけ心を和ましてくれてはいますが、本格的な花見は望むべくも無く残念です。ですが、当分は市内各地&宇治の桜を追いかけたいと思っています。