早咲き枝垂れ桜・山桜@京都御苑:京都桜情報2021⑥・3月7日。

出町柳の長徳寺でオカメザクラとカンヒザクラ(寒緋桜)を楽しんだ後、京都御苑にある早咲きの枝垂れ桜の様子を確認するためにチャリチャリ。結論から言うと、わずかに開花はしていましたが、2週間後(20・21日)頃が見頃かなという感じでした。まずは近衛邸跡に入る通路の入口の枝垂れ桜の画像から。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (46)京都御苑の桜.JPG


次が入口の桜の全景。木全体はピンクに染まりつつあるのですが、花はまだパラパラという感じです。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (44)京都御苑の桜.JPG
京都御苑の枝垂れ桜は「糸桜」とも呼ばれますが、次の2枚の画像(下の方と上の方)でご確認下さい。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (45)京都御苑の桜.JPG
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (49)京都御苑の桜.JPG
その後、反時計回りに近衛邸跡の池近辺から西の方向を目指したのですが、池のそばの最も有名な枝垂れ桜は「開花まで数日はかかるかな」というレベルでした。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (40)京都御苑の桜.JPG
目を凝らして、あちこちを確認したのですが、花は一輪も咲いていませんでした。ですが、その西の木には花が。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (41)京都御苑の桜.JPG
ということで、こちらの花の大写しを。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (43)京都御苑の桜.JPG
さらに西の児童公園に続く道へ進んで行くと、赤茶色の葉っぱが花より先に出るヤマザクラ(山桜)が通路脇に少し咲いていました。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (39)京都御苑の桜.JPG
少しだけとは言え、こんな早く咲いているのにはビックリ。全体の様子は分かり難い画像しか無いので割愛。で、次は南に下がって、出水の枝垂れ桜。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (14)京都御苑の桜.JPG
上の画像で分かるように、ここの枝垂れ桜もまだまだ花はパラパラです。上の方で固まって咲いているのを撮ったのが次の画像。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (17)京都御苑の桜.JPG
お日様が当たると、ピンクの花弁がより一層映えます。
2021.03.07街中の梅・桃・桜 (15)京都御苑の桜.JPG
京都御苑には、後数回は訪れることになると思いますが、先ずは第1弾のご報告ということで本日はこれにて(笑)。

この記事へのコメント