京都の染井吉野②・白川北通篇:京都桜情報2021㉓・3月31日。

「京都・3月31日の染井吉野」シリーズ、第2弾は新門前通と古門前通の間にあり、白川に沿った白川北通篇です。基本は31日に撮影した画像ですが、夜景は前日夜のもの。ということで、まずはこちらの画像から。
2021.03.30白川北通の夜桜 (1).JPG


西は花見小路通、東は東大路通の間に染井吉野をメインに34本の桜が咲いていて、西端の花見小路通に架かる有済橋(ゆうさいばし)がスタート地点。が、さらにその西に大きな染井吉野が1本で計35本となります。
2021.03.31街中の桜 (2)白川北通.JPG
丁度、白川の曲がり角の駐車場にあります。で、有済橋から東方向を見るとこうなります。
2021.03.31街中の桜 (3)白川北通.JPG
ほぼ同じ位置の夜景がこちら。中央に最初の画像のアオサギ(青鷺)が写っているのですが、お分かりでしょうか(笑)。
2021.03.30白川北通の夜桜 (3).JPG
次の画像は白川北通の桜並木の西半分の光景。
2021.03.31街中の桜 (7)白川北通.JPG
満開!
2021.03.31街中の桜 (6)白川北通.JPG
1週間ほど前はまだ蕾も多く、名前の分からない鳥が来ていました。最初、鶯化と思ったのですが…。
2021.03.23街中の桜 (72)白川北通#07.JPG
体の黒い斑点から考えるとツグミ(鶫)かなとも思うのですが、不明です。桜並木の所々に枝垂れ桜や山桜がありますが、次は枝垂れ桜。
2021.03.31街中の桜 (8)白川北通.JPG
今年は異常な暖かさが続いているため例年より10日程、桜全般の開花早いのですが、これは遅咲きの八重紅枝垂れ桜ですね。
2021.03.31街中の桜 (9)白川北通.JPG
次は真ん中の狸橋に近い場所の夜景の染井吉野。
2021.03.30白川北通の夜桜 (10).JPG
で、狸橋から西半分を振り返って見た画像がこちら。
2021.03.31街中の桜 (11)白川北通.JPG
同じ方向の夜景を狸橋から撮影したのが、次の画像。
2021.03.30白川北通の夜桜 (13).JPG
で、ここからが後半(東半分)。次は狸橋の上から東(東大路通方向)を撮影した画像。
2021.03.31街中の桜 (15)白川北通.JPG
狸橋そばでは、白川北通・白川南通共通のお馴染みの光景が。
2021.03.31街中の桜 (17)白川北通.JPG
中に早咲きの一重の枝垂れ桜が。早咲きなのですが、花が少しだけ残っていました。
2021.03.31街中の桜 (25)白川北通.JPG
そして、東大路通に近づくと山桜が数本続きますが、時期的には盛りを過ぎています。次が東端からの光景。
2021.03.31街中の桜 (30)白川北通.JPG
最後は、山桜の花の大写しです。
2021.03.31街中の桜 (21)白川北通.JPG
桜はとても美しいのですが、今年も地域の皆様による「桜まつり」は開催されず、とても残念。以上、隠れた名所・白川北通の桜並木でした。「3月31日の染井吉野」シリーズは、再び琵琶湖疎水に戻ってまだまだ続きます。

この記事へのコメント