今月の「米村」さん:2021年4月。

季節の花はすっかり山吹・花水木・牡丹等に移りましたが、黄桜を含め、桜の画像は残っていますので「まぁ、記録の意味で」という感じで続ける予定です(笑)。で、少し飛び飛びに続けることにして、本日は新門前通の高級料理店「新門前 米村」(以下、米村」さん)の店頭ディスプレィの話題を。
2021.04.054月の米村さん (21).JPG


何となく、北欧のヴァイキングの姿のようにも見えますが、これはやはり端午の節句を意識した鍾馗(しょうき)様でしょうね。例によって、お店の外観を。
2021.04.054月の米村さん (22).JPG
上の画像右の屋根上には、京都らしくチャンと鍾馗様が鎮座ましましています。次はそちらの大写し。
2021.04.054月の米村さん (23).JPG
続いては、例によって夜景を。
2021.04.054月の米村さん (8).JPG2021.04.054月の米村さん (18).JPG
N000/000/000/161803138883021913985-thumbnail2.jpg" border="0">
壁に掛かる農家を描いた絵には鯉幟等が見えますので、やはり農端午の節句の様子ですね。次が下の様子。鯉幟・鍾馗様・藤と菖蒲が配置されています。
2021.04.054月の米村さん (9).JPG
陶器の作品が並んでいますが、右は鯉幟。
2021.04.054月の米村さん (10).JPG
そして、中央の鍾馗様。最初の画像とは違う角度から。
2021.04.054月の米村さん (14).JPG
左は、藤と菖蒲。花器は土塀の」イメージです。
2021.04.054月の米村さん (5).JPG
最後は夜に撮影した全体像を。
2021.04.054月の米村さん (4).JPG
今回のディスプレイは4月1日には雛祭から変わっていました。来月は何でしょうか、楽しみです。

この記事へのコメント