首途八幡宮の桃の花桃は多彩です!

もう花桃の時期では無いのですが、原稿を作ったままUPし忘れていましたので、蔵から出してきました。智恵光院通今出川上ル桜井町にある首途(かどで)八幡宮で、3月中旬から下旬にかけて撮影した花桃の画像を。まずは、紅白の色が混じった「源平枝垂れ桃」。
2021.03.24街中の桜 (82)首途八幡宮.JPG


首途八幡宮は、宇佐神宮から勧請した誉田別尊(応神天皇)・比咩大神・息長帯姫命(神功皇后)の八幡3神を祭神とする神社ですが、北隣に首途八幡宮にあったと伝わる「桜井」を模した井戸とせせらぎのある親水公園・桜井公園があります。
2021.03.11街中の桜・梅 (38)首途八幡宮.JPG
源義経が奥州平泉に行く際に金売り吉次(かつて、この地に邸宅があったとか)の助けを得て、鞍馬山から当社で道中の安全を祈願して出発したと伝えられ、旅行安全の神社として知られています。
2021.03.24街中の桜 (105)首途八幡宮.JPG
で、鳥居をくぐると、上の画像のように左右に花桃の木が並びます。で、以下は樹形の画像は割愛して花の画像を。最初は、「照手花桃(ピンク)」。
2021.03.11街中の桜・梅 (41)首途八幡宮照手花桃.JPG
上の画像奥が桜井公園です。続いては、「ひなの粧い花桃」。
2021.03.11街中の桜・梅 (51)首途八幡宮ひなの粧い花桃.JPG
そして、「源平枝垂れ桃」。
2021.03.24街中の桜 (73)首途八幡宮源平枝垂れ桃.JPG
紅白の混じった花桃は首途八幡宮の名物なのですが、その気になって注意していると、堀川通でも四条大橋の下でも見かけました。蕾も美しい!
2021.03.24街中の桜 (79)首途八幡宮.JPG
和菓子にありそうです(笑)。1本の木に赤い花と紅白の花が混じります。
2021.03.24街中の桜 (83)首途八幡宮.JPG
こちらは「照手花桃(白)」。
2021.03.24街中の桜 (77)首途八幡宮照手花桃白.JPG
続いても白い花ですが、こちらは「残雪枝垂れ花桃」。
2021.03.24街中の桜 (94)首途八幡宮残雪枝垂れ花桃.JPG
そして、「寿星花桃」。
2021.03.24街中の桜 (98)首途八幡宮寿星花桃.JPG
内野(うちの)八幡宮とも言われた首途八幡宮は平安京大内裏の’鬼門(東北)に位置したため、王城鎮護の神とされたとか。以下、再度、色々な色の花桃を続けて4枚。
2021.03.24街中の桜 (72)首途八幡宮.JPG
2021.03.24街中の桜 (86)首途八幡宮.JPG
2021.03.24街中の桜 (87)首途八幡宮.JPG
2021.03.24街中の桜 (84)首途八幡宮.JPG

清和天皇の第6皇子・貞純親王(桃園親王)がこの地に邸宅を建てて桃の木を植えたりしたことから、現在も桃の木が植えられているようです。

この記事へのコメント