「野菜酒場 あしおと」はお料理が美味しい!&店員さんが明るく元気!…気分が良くなるお店です。

3度目の非常事態宣言延長中とあって、なかなかお料理屋さんにも足を向け難いので、奥様とお2人のお嬢さんが卒業生でいらっしゃるTed-W(仮名)さんからお誘いを受け、4月半ばに行った「野菜酒場 あしおと」でのランチの話題を。お料理屋さんの記事の時は、大体お料理の画像を最初にUPするのですが、今回はこちらから。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (30).JPG


お店の場所は堺町通と楊馬場(やなぎのばんば)通の間なのですが、綾小路(あやのこうじ)通)からホンの少しだけ下がった所で東西に開かれた細い小路に面しています。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (12).JPG
行者橋、以前、京都の市電(チンチン電車)の軌道の敷石が再利用されている道を探していた時、この細い小路を発見(笑)した記憶があります。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (14).JPG
しかし、この「野菜酒場 あしおと」というお店は意識しませんでした。次がお店の入口の正面画像。お野菜が並べられています。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (13).JPG
次の画像は1階の奥から入り口側を撮影した画像。カウンター席とテーブル席があります。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (36).JPG
上の画像左奥に階段があり2階に続きます。2階はテーブル席のみです。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (20).JPG
1・2階共、お客様がお帰りになった時の画像ですが、行者橋が到着した頃はほぼ満席でした。ということで、お昼のメニューはこれ1っ本のランチです。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (22).JPG
上の画像左上は「しいたけの肉詰め」と「旬のお野菜」の天ぷら2種。その右下に「かぼちゃのポタージュ」。さらに下に「丸ごととまとのシーザーサラダ」。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (21).JPG
それらを記したメニューが上の画像です。右側の小皿は9種類の野菜で、上の列「野菜とお味噌」、中の列「野菜とフルーツ」、下の列「野菜とお魚」のラインナップ。次が実際に出された内容。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (25).JPG
上の列「大根-菜の花味噌-・里芋-焼柚子味噌-・ブロッコリー-白味噌マヨ-」、中の列「壬生菜とマスカルポーネ白和え-苺-・さつまいも‐レモン煮-・かぶらの甘酢漬け‐リンゴ-」、下の列「菜の花のお浸し-すらす-・酢蓮根-しめ鯖-・山芋醤油漬け-寒ブリ・とびこ-」です。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (26).JPG
で、ご飯は上の画像のように「ごぼうと生姜・揚げ穴子の土鍋ご飯」です。まずは、別皿の揚げた穴子を炊きこみご飯の中に切り崩して入れます。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (28).JPG
そして、最初の画像のように、お茶碗によそって下さるのですが、最初はノーマルに、その後、黒七味・出汁茶漬けで味変を楽しみます。次は出汁茶漬けの用意をして下さった黒マスクのお嬢さん。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (31).JPG
野菜のお料理の仕方と明るく元気な店員さんを見て、ヒョッとしてと思って伺えば、店主は五十棲(いそずみ)グループにいらっしゃったそうで、白マスクの最初のお嬢さんも「おにかい」経験ありとか。
2021.04.15野菜酒場あしおとwith渡辺さん (37).JPG
実は、Ted-W(上の画像左から3人め)さんから「ご報告が」ということだったのですが、何と1年程の京都生活を終え、別のお仕事のために東京にお帰りになるのだとか。ご馳走になってばかりで申し訳ない限り、かつ残念無念。でも、素敵なお店をご紹介いただいたので、今後、時には訪れてみようと思っています。

この記事へのコメント