木屋町通高瀬川沿いの夜桜:京都桜情報2021㉗・4月1日。

予想通り、4月4日の雨で染井吉野がほぼ散ってしまいましたが、その前に撮っておいた木屋町通の桜を。ここもメインは染井吉野なのですが、最初の画像はこちら(品種不明)。
2021.04.01木屋町の桜 (43).JPG


この日(4月1日)は夕暮れに五条通を出発して二条通南の「一之船入」までチャリチャリと北上していったので、その順に。まずは五条通北の様子。
2021.04.01木屋町の桜 (3)五条大橋西詰北.JPG
上の画像左の通路は、高瀬船が往来していた時代に船を上流に曳いて上がる人のための通路の名残です。次は、すぐ北の万寿寺橋から下流(南)側を撮影した画像。
2021.04.01木屋町の桜 (7)万寿寺橋南.JPG
ここではもう曳船用通路は失われています。木屋町通沿いに雪洞(ぼんぼり)風の街灯が並んで、風情のある光景が続きます。
2021.04.01木屋町の桜 (10).JPG
所々に染井吉野以外の桜もあるのですが、次は仏光寺公園の大島桜の花の大写し。
2021.04.01木屋町の桜 (26)仏光寺公園.JPG
行者橋が好きなので(笑)、もう1枚、別の場所にあった大島桜を。
2021.04.01木屋町の桜 (46).JPG
仏光寺通のドン突きにある仏光寺公演には色々な種類の桜が植えられているのですが、こんな光景も。いえ、勿論知らないお2人です(笑)。
2021.04.01木屋町の桜 (29)仏光寺公園.JPG
再び、高瀬川に戻るとかなり紅色の濃い桜が。
2021.04.01木屋町の桜 (40).JPG
実は最初の画像の桜で関山(かんざん)かなと思ったのですが、微妙に違う印象が。次は別の場所にあった関山と思われる八重桜。
2021.04.01木屋町の桜 (53)四条小橋南西側関山.JPG
そのまま、四条通を越して紙屋橋北の旧・立誠小学校の場所に。現在は「立誠ガーデン ヒューリック京都」に変身しています。
2021.04.01木屋町の桜 (64)紙屋橋北.JPG
次は、京都市内の現存最古の鉄筋コンクリート造校舎として知られる旧・立誠小学校の正門の光景。ホテル化した時、外壁が綺麗になりました(笑)。
2021.04.01木屋町の桜 (67)旧立誠小学校.JPG
かつて敷地内にあった京都電燈株式会社(現・関西電力)の中庭で、1897(明治30)年1月に日本初の映画の試写実験が成功したため、ここは「日本映画原点の地」とされています。
2021.04.01木屋町の桜 (78).JPG
上の画像は南車屋橋の北の光景。ここから少しだけ高瀬川の両側に道路が続きます。次は三条小橋から下流(南)側を見た画像。
2021.04.01木屋町の桜 (85)三条小橋南.JPG
そして、三条小橋の上流(北)側。次の画像左はイタリアンレストランで、この時期は特に人気。
2021.04.01木屋町の桜 (86)三条小橋北.JPG
続いては、お馴染み「一之船入」の光景。写っていませんが、高瀬船の右が船溜りの「一之船入」になります。最後に、染井吉野の花の大写しを。
2021.04.01木屋町の桜 (112)一之船入.JPG
ということで、次からは八重桜系や黄桜を求めていきたいと思っています。

この記事へのコメント